top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「今考えると、すごい話」と明神智和。日本代表の歴史的な勝利後、ある人物の登場にロッカールームでの盛り上がりは最高潮に達した

web Sportiva

日本代表「私のベストゲーム」(3)
明神智和編(後編)

前編はこちら>>

 日本代表を経験したことのある選手であれば誰もが、自分が出場した試合のなかからベストゲームをひとつだけ選ぶことは、なかなか難しい作業に違いない。

 明神智和もまた、例外ではなかった。

「2試合でどちらにしようか、迷いました」

広告の後にも続きます

 明神が言う2試合のうちのひとつは、今回選んだワールドカップ日韓大会でのロシア戦。

 そしてもうひとつが、2000年アジアカップ準決勝での中国戦だ。

「僕個人だけのことにフォーカスしたら、(自分のミスから失点して)どん底を味わい、そこから(決勝ゴールを決めて)最高の気分を味わったっていうことでは、非常に印象深い試合です」

 言わば、チームにとって価値ある試合を採るか、自分にとって価値ある試合を採るか、の二択。

 はたして、明神が選んだのは前者だった。献身的、かつ堅実なプレーが持ち味だった彼らしい選択、と言えるのかもしれない。

 ロシアを相手にワールドカップ初勝利を手にした日本は、続くチュニジア戦にも2-0と勝利した。その結果、日本のグループリーグの成績は2勝1分けの勝ち点7。堂々の1位通過で、初の決勝トーナメント進出を決めている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル