top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

帝京大の岩出監督が「納得していたわけではない」苦しみの3年間。「今季はかなりタフにやった」チームがV10を達成

web Sportiva

「紅き旋風」が復活の狼煙を上げた—-。

 2017年度までラグビー大学選手権V9の金字塔を成し遂げた帝京大が難敵・慶應義塾大を64−14で下し、関東大学対抗戦で開幕から7戦全勝を達成。3年ぶり10度目の優勝を飾った。

 前半から伝統的に守備に定評のある慶應大に対し、帝京大はSO(スタンドオフ)高本幹也(3年)を中心にフォワード、バックス一体となってボールを広く展開。自慢の攻撃力で前半3トライ、後半6トライの計9トライを重ねた。一方、守っても後半は相手を零封し、今季の調子のよさを証明して見せた。


10度目の優勝を記念して両手を広げる帝京大の選手たち

 この試合はケガでグラウンドに立てなかった主将のPR(プロップ)細木康太郎(4年)が、3年ぶりの喜びを語った。

「(対抗戦で)全勝で優勝したことは、いいモチベーションになる。この経験や僕たちのマインド、考え方が大学選手権優勝につながっていったらいい」

広告の後にも続きます

 帝京大は過去3年間、苦しい時間を過ごしていた。

 2018年度は対抗戦1位で通過したものの、大学選手権では準決勝で天理大に敗れた。翌2019年度は対抗戦3位で大学選手権は初戦(3回戦)で流通経済大に、昨年度は対抗戦4位に沈んで大学選手権・準決勝で早稲田大に敗れた。

 細木キャプテンを筆頭に今年の4年生以下は、自身が強い帝京大を見て紅きジャージーに憧れて入学したものの、大学に入ってから1度も大学王者を経験していない選手たちだ。ただ、監督歴25年の岩出雅之監督は特段にV9時代の話をすることなく、「自分たちのチーム、自分たちのプレーで優勝しろ」と選手たちに声をかけていたという。

 そんな環境のなか、同期の4年生たちに推されて新チームのキャプテンに細木が選ばれた。本人は「想像していなかった」と言う。副キャプテンになったFL(フランカー)上山黎哉とCTB(センター)押川敦治(ともに4年)も候補に挙がったが、「最も勝ちたい気持ちを前面に出している」というのが選ばれた理由だった。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル