top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

91 歳の伝説的な女性監督が“過去との和解”を描く傑作『金の糸』の美しい映像と音楽に彩られた予告編&場面写真解禁!

cinefil

91 歳の伝説的な女性監督ラナ・ゴゴベリゼが日本の“金継ぎ”に着想を得て描く、過去との和解の物語。 激動の時代と人々の過去、古都・トビリシへの愛情を感じさせる予告編&場面写真が解禁。

©️ 3003 film production, 2019

『インタビュアー』(サンレモ国際映画祭グランプリ)、『転回』(東京国際映画祭最優 秀監督賞)などが高く評価され、テンギズ・アブラゼ監督、オタール・イオセリアーニ監督、ギオルギ・シェンゲラヤ監督たちとともにソヴィエト時代からジョージア映画の発展を担ってきた伝説的な女性監督ラナ・ゴゴベリゼ。その 27 年ぶり、91 歳にしての新作『金の糸』が、2 月 26 日(土)より岩波ホールほか全国順次公開される。

©️ 3003 film production, 2019

本作で描かれるのは、過去との和解をテーマにした物語。

ジョージアの古都・トビリシの旧市街の片隅。79歳を迎えた作家エレネの元へ、娘の姑で、ソヴィエト時代に政府の高官だったミランダが引っ越してくる。そこへ突然、60年前の恋人アルチルから電話がかかってきて———ジョージアの激動の時代を生きた3人の過去が明らかになっていくというストーリーだ。題名の『金の糸』には、日本の「金継ぎ」から着想を得て、“未来を見るために過去を金で修復する”という意味がこめられた。主役のエレネは、『ロビンソナーダ』で知られるジョージア映画界の重鎮ナナ・ジョルジャゼ監督が演じている。

『金の糸』予告編

広告の後にも続きます

このたび解禁された予告編は、主人公の女性作家エレネがキーボードを叩くシーンから始まり、風に揺れる花瓶の花、エレネの母親が監獄で作ったという人形、中庭のあるトビリシの伝統的集合住宅などが挿入される。

©️ 3003 film production, 2019

そしてエレネとミランダの激しい衝突はソヴィエト時代に何があったのかを想像させ、“金継ぎ”を元にしたアートに重ねられた「過去に囚われても過去を壊してもいけない 金で継ぎ合わせるの」という言葉からは本作のテーマが浮かび上がる。

©️ 3003 film production, 2019

繰り返し流れる美しい音楽は、2019年に惜しまれつつ亡くなった国際的なジョージア人作曲家ギヤ・カンチェリによるもの。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル