top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

BTS、2年ぶりのオフラインコンサート終了

WWSチャンネル

【写真】2年ぶりのオフラインコンサートを開催したBTS

BTSが11月27-28日、12月1-2日(以下現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスのSoFiスタジアムで開かれた「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA」を大盛況のうちに終えた。 今回のコンサートはBTSが2019年にソウルで開催した「2019 BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF’ [THE FINAL]」以来約2年ぶりに再開されたオフライン公演であっただけに、いつにも増して大きな感動を与えた。

今回の公演ではオフライン公演4回、スクリーンを通じてリアルタイムで公演を視聴できる「LIVE PLAY in LA」イベント、最終公演(12月2日)オンラインライブストリーミングなどを通して計81万3千人の観客が参加した。

BIGHIT MUSIC(※提供写真)  画像 2/6

■7人完全体で飾った様々なステージパフォーマンス…客席は「合唱」や「ウェーブ」で応えた

広告の後にも続きます

BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA」公演は、華やかなセットと強烈なパフォーマンスで視線を集めた「ON」のステージから始まった。 コロナパンデミック直前の2020年2月に発表された「ON」のステージがファンの目の前で行われたのは今回の公演が初めてだった。 BTSは続いて「FIRE」、「DOPE」、「DNA」と「Black Swan」、「Blood Sweat & Tears」、「Life Goes On」、「Dynamite」、「IDOL」、「Butter」、「Permission to Dance」など毎公演で全24曲を熱唱した。 また、「We are Bulletproof:the Eternal」、「Answer : Love Myself」、「I’m Fine」、「HOME」、「Mikrokosmos」を熱唱し、回別公演セットリストにも変化を与えた。

特に今回のLA公演は、久しぶりにファンと対面するということで、個人ステージはなく、すべて7人のステージで構成された。BTSは大規模な会場にふさわしく、全世界のファンに一番見せたい曲を厳選し、舞台構成にも直接参加するほど心血を注いだ。

BIGHIT MUSIC(※提供写真)  画像 3/6

BTSは「Telepathy」のステージではファンに近づきたいという思いを込めて用意した移動車の上で歌った。 長い間積もった恋しい気持ちを吹き飛ばすように、7人のメンバーはスタジアムのステージに活気を吹き込み、観客と積極的にコミュニケーションをとった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル