top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

うどん文化はダシにあり!京都うどん「ヤバ旨」名店4選!

ガジェット通信

どうもライターの丸野裕行です。

以前、讃岐うどんの聖地である《うどん県》香川にうどんを食べに行きました。筆者自ら訪れたお店をご紹介したわけですが、京都には独自のうどん文化が根づいています。

【コシも個性も様々!うどん県・香川の激ウマ讃岐うどん4店舗に行ってみた!】
https://getnews.jp/archives/2974650

それは《うどんはダシの添えもの》という関西特有の文化です。昆布とカツオ出汁が濃厚なつゆに薄口しょうゆで味をつけた特有の文化。ですから京都のうどんというのは、すべてがすべて噛み応えがあるほどコシがあるわけではないわけなんですね。

そんな京都にも香川と同じく、無数の「ダシのきいた」うどん店があります。筆者が思わずうなったその味と画像を共にとくとお楽しみください!

東山区五条大橋 『辨慶 東山店』

広告の後にも続きます

弁慶と牛若丸が闘ったという五條大橋近くにあるのが、京都うどんの人気店である『辨慶 東山店』。連日多くのお客さんがそのダシのきいたうどんを食べにやってきます。

メニューも九州博多の屋台のように、おでんや酒の肴まで揃っているのがうれしいんですね。こちらで食べるべきなのが、《カレーうどん》。これが大人気なんですね。京都うどんといえば、細麺でつゆによく絡み、ズルズルズルっと啜りこむだけでも、カレーの餡が口中になだれ込んできます。

個人的にカレーうどんはマスト、次に続くのは甘く煮込まれた牛肉がおいしい《肉うどん》もオススメです。

店名:『辨慶 東山店』
住所:京都市東山区五条大橋東入ル東橋詰町30-3
TEL:075-533-0441
営業時間:[月~木] 11:30~23:00/[金・土] 11:30~翌1:00
定休日:日曜日

東山区花見小路 『祇をん 萬屋』

祇園縄手通りと花見小路通りの中間あたり南側に入った、正月ともなれば「十日ゑびす」の屋台がひしめくこの通りに『祇をん 萬屋』はあります。町屋づくりのお店の中はこじんまりとしているのですが、こちらで食べるべき必食メニューが《ねぎうどん》です。

京都産の九条ネギがたくさん入ったとろみの強い餡としょうがが人気の理由。これぞ京都うどんといった味わいですね。噛めば噛むほど、「しゃくしゃく」と歯の間で鳴くネギの甘み。とろとろの餡をひと啜りすれば、寒い冬でも温まる癒し効果抜群のメニュー。まさに底冷えする盆地ならではの一品ですね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル