top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

不気味デラックス。乳房雲が上空を覆う世紀末的光景

カラパイア


 ふだん空を見ない人もこの時ばかりは頭上に広がる異様な眺めにくぎ付けになったそうだ。

 11月13日アルゼンチンのコルドバ州の上空を占拠した奇妙な雲。これは乳房雲というもので、急な雷雨の接近に伴う空の現象の一つだ。

 とはいえ気象学者から見てもこれほど顕著な形状は珍しいという。

 一方、見かけぬ雲にネットも騒然。「気象制御の影響では?」「ただただ不気味」「とうとう奴らが地球に?」などのコメントも殺到した雲の様子を見てみよう。



Stunning Mammatus Clouds Formed in Argentina || ViralHog

球形の雲集団が空を占拠。アルゼンチンの住民が見た驚愕の風景

 この光景は11月13日にアルゼンチンのコルドバ州のカサ・グランデの上空で見られたもの。

 空をみっしり埋めまくる球形の雲。この珍しい現象にアルゼンチンの住民も目丸くした。
この投稿をInstagramで見る

PickaBel(@picka.bel)がシェアした投稿

 この日雲の変化をつぶさに記録していた者はほとんどいなかったようで、気づけばこんなことになってたそうだ。
土曜日の午後遅く、空一面に異様な雲が広がった。まるで空ごとどこかに閉じ込められているような息苦しさを感じる。その後激しい嵐になり、雷に強風、雹まで降ってきた。
一風変わった現象に遭遇できて幸運だったが、これは人工的な気象操作の影響かもしれない。
 メディアによると乳房雲自体はそうレアではないが、これほどくっきり膨らんでるのは気象学者から見ても珍しいそうだ。

「美しい」「不気味」「やつらの仕業?」視聴者から反響が殺到

 映像はまたたく間にネットを駆け抜け、再生数は10,000回を突破。視聴者からはさまざまなコメントが寄せられた。

この件について海外の反応は…
・マシュマロかな?
・綿花みたい
・不気味や…
・今まで見た中で1番美しい雲!
・実は知らないうちに誰かのジオラマの住人にされてたりして。何者かが私たちをこっそり縮小化して実験してるとかさ。
・もしこんな雲に遭遇したら一日中眺めてるわ。
・不吉なことがおきる前兆にしか思えない。なんのフラグだ。
・落ちゲーだったら潰されてんな。
・惑星間移動と聞いたが…奴らがこんなに素早いとは…
・人類を恐怖で支配する気か?小賢しいわ!
・ なんて美しい景色だろう。我々はすばらしい星の住人なんだな。

荒天の前兆。積乱雲から生じる乳房雲

 丸い雲が垂れ下がってるようにも見える「乳房雲(英名:Mammatus)」。その名は乳腺や乳房を意味するラテン語mammaにちなんでるそうだ。

image credit:instagram

 乳房雲の多くは大きな積乱雲、特に大型のかなとこ雲に関係する。

 雨や雪の粒を含んだ積乱雲(かなとこ雲)に生じる強い下降気流と、雲の下の上昇気流が衝突すると雲の中に渦をまく流れができる。すると地上からは底が丸い雲が並んでいるように見える。

 こうしてできた乳房雲はその性質から雷雨、雹、大雨、雷を招く前兆といわれる。また空気が十分に冷えていれば大雨から吹雪に変わる場合もある。

image credit:Felipe Palacio on Unsplash

 英国気象庁によると、乳房雲は曇天によくある層積雲のほか、朧(おぼろ)雲といわれる高層雲、ひつじ雲ともいわれる高積雲、火山の噴火による火山灰の雲の下部に生じるケースもあるそうだ。

関東圏でも発生した乳房雲。その後雷雨や雹が

 ちなみにこの雲、どっかで見たなと思ったら私も以前に観測してた。
 2019年5月4日の夕方、関東圏の空で目撃した乳房雲だ。

 確かその時はノーマル雲?と乳房雲の境界がくっきり見えて面白いから撮ったんだっけ。

 暗い空を見上げると灰色のコットンみたいな雲集団がみっしり。美しいけど不穏というか、上のコメントみたいに今にも押しつぶされそうな圧迫感が忘れられない。それからまもなく天候がゲリラ化。雷雨や雹やらに見舞われたんだわ。

 刻々と変化する空の眺めも、こういう機会に恵まれるとまさに自然のアートというか、あらためてドラマチックなもんだと実感しちゃう。せっかく地球に住んでるんだしのんびり雲を眺める機会もたまにもたないとだな。

References:dailymail / wikipedia / youtubeなど /written by D/ edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル