top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スプーンに浮かび上がる毛細血管 アマチュアモデラーが塗装方法を紹介

おたくま経済新聞

 アマチュアながら、イベント等で、完成見本のガレージキットや、フィギュアの塗装を行っているというたけしさん。主に「リアル系」と呼ばれる造形を中心に、悲しみや怒りといった「負の感情」を、塗装のみで表現することを得意とされています。

 先日は、自身の塗装スキルのひとつである「毛細血管」の描き方について、Twitterで紹介されました。

【元の記事はこちら】

「昨日のとこーるくんのヤツの補足。
血管はあんまり描かなくなったけど必要とあればやるよ。ラッカークリアの上にエナメルクリアで太い血管描いてラッカークリアで一度閉じる。その後またエナメルでチョン置きしてエナシンで湿った筆で叩く」

「そうすると毛細血管みたいになる。艶消しでやると上手く散らないからツヤツヤじゃないとダメ。その上から肌基本色を透けるように吹いて血に近いオレンジ系や紫色系で毛細血管を描く。そんで肌基本色をある程度透ける程度に吹く。これで肌基本は終わり」

広告の後にも続きます

「その上から肌部位にあったトーンの肌色を薄く吹いて、シャドー部にサフレスクリアのオレンジとピンクを何トーンか混ぜたのを吹いていく。最後馴染ませるのとハイライトに肌基本色に白混ぜたのをふわっと吹いて、後は筆で描き込み。最近やらんけど」

 3度に分けて、プラスチックスプーンに描いた「毛細血管」について解説したたけしさん。4枚の画像では、それに至るまでの「血の巡り」を順に紹介しています。

 1枚目ではラッカー塗料を吹きかけたスプーンの上に、エナメル塗料を太い血管を描くというもの。これだけでもひとつの技法ですね。

 次にラッカー塗料で一度閉じた後、再びエナメル塗料をチョンと置くように塗装したのが2枚目。木に生い茂る葉っぱのような様相に。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル