top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『三大流星群』ふたご座流星群がいよいよ! 1時間に50個の流星を見ることも

grape [グレイプ]

宇宙の神秘を目で感じることができる、天体ショー。神秘的な光景は、驚きや癒しを与えてくれます。

2021年最後の大きな天体ショーは、しぶんぎ座流星群やペルセウス座流星群と並んで『年間三大流星群』の1つとされる、ふたご座流星群です。

2021年の『ふたご座流星群』を観測しよう!

国立天文台によると、2021年のふたご座流星群を観測できるのは12月14日。

極大を迎えるのは16時頃ですが、ふたご座流星群の活動時間は長いため、見頃は月が沈んだ14日の未明です。

夜明け前は月明りの影響がなく条件がいいため、暗い場所で観測すれば1時間に50個ほどの流れ星を見ることができるのだとか!

広告の後にも続きます

月明かりの影響がある時間帯でも、1時間で20~30個ほどの流れ星が観測可能とのこと。

※画像はイメージ

放射点は、ふたご座の2等星であるカストル。ですが流れ星はいろいろな方角に流れるため、空全体を見渡せる場所がオススメです。

冬の天体観測は、風邪をひかないようにしっかりと防寒対策をして、身体を温めてくださいね。

2021年の思い出として、14日の夜は空を見上げてみてはいかがでしょうか!


[文・構成/grape編集部]

TOPICS

ジャンル