top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

医師の次に稼げるって知ってた?薬剤師のなり方と年収を公開!

ホンシェルジュ

医療職のなかでも資格取得まで時間のかかる薬剤師という資格。資格取得までの道のりは長いですが、いざ資格を取得してしまえば、取得後はさまざまな活用ができるという魅力があります。

ここでは、薬剤師の資格取得方法や働き方に加えて、薬剤師を目指す方におすすめの書籍を紹介していきます。薬剤師の道を検討しているけれど修学年数を考えてなかなか踏み出せないという方は、この記事で薬剤師の道へ一歩踏み出すきっかけの1つになると幸いです。

薬剤師の仕事は?どこで働ける?

まずは薬剤師とはどんな仕事なのかについて詳しく紹介します。

薬剤師の仕事とは

薬剤師とは薬剤師法の第1条で以下のように定められています。

薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上および増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。

つまり、国民が健康な生活ができるように薬を調剤したり、薬に関する情報提供をしたりできる薬のプロフェッショナルが薬剤師といえるでしょう。

薬剤師が扱える薬の種類

日本における薬の種類には、医師の処方箋によって薬を調剤する医療用医薬品と、処方箋なしで手に入る一般用医薬品(OTC医薬品)の2つがあります。このどちらを扱う薬剤師になるかによって、薬剤師の仕事内容は少し変わってきます。

医療用医薬品に関わる場合は、処方箋に書かれている指示を基に薬を調剤します。患者さんに薬についての情報提供や飲み方の説明などもおこないます。

広告の後にも続きます

一方、一般用医薬品に関わる場合は、薬が出来上がった状態で販売されているため調剤はおこないません。その薬についての情報提供をしたり今の症状にはどんな薬が合うのかなどの相談を受けます。

近年、かかりつけ薬局、かかりつけ薬剤師という考え方があります。これは医師と同様にかかりつけの薬局を作ることでその方の生活や体調に合った薬や健康に対する情報提供をおこなっていくというものです。この考え方をきっかけに、薬剤師の需要はますます高まっています。

薬剤師が活躍できる場所は?

薬剤師の働ける場所は以下のように多様なことが特徴です。

 

診療所地域の薬局学校薬剤師製薬会社卸売販売会社

 

たとえば、「病気の人を薬の力で助けたい」「医療と密にかかわっていきたい」と考える方は病院や診療所がよいでしょう。

  • 1
  • 2