top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

B級フード研究家・野島慎一郎の美味しかったカップ麺 月間ベスト5(2021年11月)

ガジェット通信

カップ麺やスナック菓子、ファストフードなどのアレンジレシピを研究する“B級フード研究家”としても活動している、ノジーマこと野島慎一郎です。

いつもガジェット通信ではアレンジレシピを紹介する記事を中心に執筆していますが、普段から研究としてカップ麺をよく食べているので、1か月で食べたカップ麺のなかから個人的に美味しいと感じたカップ麺ベスト5をご紹介しています。

今回は2021年11月のランキングです。新旧問わずに美味しいと感じたものを選んだ個人的なランキングではありますが、皆さまのカップ麺選びの参考にしていただければ幸いです。

第5位:テーブルマーク ホームラン軒 信州みそ仕立てみそラーメン

5位にはテーブルマークの昔ながらのノンフライカップラーメン「ホームラン軒」シリーズから「信州みそ仕立てみそラーメン」を選びました。

最近は生活圏のスーパーであまり見かけなくなってしまったホームラン軒ですが、ノンフライ麺のカップラーメンの先駆けだったイメージが強いですね。幼少期からホームラン軒はほかのカップ麺とは別物だと思っていた記憶がありますもの。

広告の後にも続きます

そんなホームラン軒の長野県で限定販売されているレア商品を、たまたま地元のスーパーの信州物産展で買うことができました。

麺はノンフライ麺とはいえど、昨今の生麺に限りなく近づいているノンフライ麺とは別物。カップラーメン用の麺を揚げずに仕上げたという感じです。

スープの“信州みそ仕立て”という要素はそこまでインパクトがなかったものの、しょっぱさが前面にくる味噌スープは麺と見事に一体化。そこにキャベツやコーンなどの具が絡んでくるのですが、細かく刻まれた野沢菜が入っているのがファインプレイ。柔らかい食感のキャベツの中で埋もれることなく、シャキシャキと歯切れのいい食感で存在感を発揮しています。

1杯150円前後というコスパの良さも最高。これはなかなか入手しにくいかと思いますが、長野旅行のお土産に抜擢するのも大いにアリ! というレベルですね。おいしかった!

第4位:エースコック JUNKFULL 濃厚チーズまぜそば

4位はエースコックのJUNKFULLというコンセプトを掲げて新登場した「濃厚チーズまぜそば」を選びました。いや、選んでしまったと言ってもいいかもしれません……。

エースコックさんはありとあらゆるジャンルのカップ麺を怒涛の勢いで発売し続けているのですが、その中でも特にジャンクなまぜそばや焼きそばは得意にしているイメージを持っています。そういう意味で今作はエースコックらしすぎる一品。濃厚なチーズだれを使ったカップまぜそばなのですが、もう見た目からして本当に頭が悪すぎ!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル