top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【これ、付録です!】はんなりレッドの榮太樓總本鋪エコバッグ。レトロな飴缶ポーチも

BOOKウォッチ

オトナミューズ1月号増刊(宝島社)
 

榮太樓總本鋪の「飴缶デザインのポーチ&特大エコバッグ」が特別付録になった「オトナミューズ 1月号増刊」(宝島社)が発売された。

榮太樓總本鋪飴缶デザインの特大エコバッグ
 

本アイテムは、榮太樓總本鋪の人気商品「梅ぼ志飴」のデザインを忠実に再現し、ビッグエコバッグにしたもの。「棒状に伸ばした紅い飴を鋏で切り、その切り口を指でつまむ。」製法で作られているので「梅ぼ志飴」という名前ではあるが、酸っぱくないお味なのだ。その色を生かしたはんなりした赤はインパクト大。お買い物のテンションも上がりそう!

たっぷり大容量
 

エコバッグのサイズは縦63×横35cmと、2Lのペットボトルが6本も入る大きさ。週末のまとめ買いにも最適である。

黒飴をイメージ
 

さらにセットの「黒飴」をイメージしたポーチもとってもキュート。刺繍で黒飴缶デザインを再現している。直径13cmなので、折り畳んだエコバッグの収納にも、コスメやリップ、目薬など小物アイテムを入れて単体利用するにもオススメ。

エコバッグもすっぽり
 

「飴缶デザインのポーチ&特大エコバッグ」をゲットして、はんなりお洒落を楽しもう。

頑張った自分へ、自分から一生モノのプレゼントを。

 

広告の後にも続きます

オーバーサイズのテディブルゾンを着こなす梨花さんが表紙を飾る「オトナミューズ1月号増刊」(宝島社)が発売された。特集は、「ずっとずっと好きなもの。」である。詳細は下記の通りだ。

Part1 風間ゆみえさんとハンティング!心を掴んで離さない宝物
Part2 一生モノを手に入れたい!麗しのジュエリー、端正なウォッチ
Part3 新居由梨さんがナビゲート!最愛のデニムを今の気分で
Part4 それって、もはやアイデンティティ 素敵な人の、ずっと好きなもの
Part5 何度も何度もリピ買いしている 愛しのアイテムを教えて
 

気がつけば12月に突入してしまった。2021年も楽しいことはたくさんあったけれど、年末くらいは毎日負けずに頑張り続けた自分を褒めてあげたい。そこで本号では、一生使えるジュエリーや時計を厳選してお届けしている。

 

頑張った自分を讃えるアイテムを身につけているだけで、また来年も前を向いて過ごせそう。2022年もあなたにとって素敵な1年になりますように。



※撮影:BOOKウォッチ編集部

書名:  オトナミューズ1月号増刊 出版社名: 宝島社 出版年月日: 2021年12月27日 定価: 1,100円(税込) 備考: 増刊はセブンネットショッピング、セブン‐イレブンで販売

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル