top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

手足3本失った僕が車いすでなく義足で歩く理由 激痛乗り越え、つかみ取った「自立」

J-CASTニュース

20歳の時に事故で手足を3本失った山田千紘さん(30)は外出時、両足に義足を履いて歩く。坂道も、階段も、自分の力で進んでいく。

歩けるようになったのは、必死のリハビリを重ねたから。1年~1年半かかるとされたところを、わずか半年で退院した。背景にあったのは「自立する」という決意。自分の足でもう一度歩くため、どんな思いで、どんな練習を積んできたのか。そして今、運営するYouTubeチャンネルで大事にしていることとは。山田さんが語った。

【連載】山田千紘の「プラスを数える」~手足3本失った僕が気づいたこと~ (この連載では、身体障害の当事者である山田千紘さんが社会や日常の中で気づいたことなどを、自身の視点から述べています。)

日常生活で困るような場所はもうほとんどない

僕は家の中では車いすを使いますが、外出する時は義足を履きます。

義足で歩く練習をしていた頃は、すぐに疲れて「座りたい」と思うことが多かったです。何もつかまずに立ちっぱなしだと、数分しか持ちませんでした。

広告の後にも続きます

今は体幹がしっかりして、逞しくなったと思います。先日も、自分が企画したイベントで東京都内を5時間歩きました。デコボコ道や砂地など、歩きにくい場所は今もありますが、日常生活で困るような場所はもうほとんどないと思います。

急な上り坂も行けるし、下り坂もゆっくりなら歩けます。坂道って簡単じゃなくて、下り坂は前がかりになるので、重心のコントロールでブレーキをかけないと、勝手にスピードが出て危険です。

上りは逆に、重心を意識して前にかけないと歩けません。勾配が急なほど膝の力を使うので、膝がある右足頼みになります。

今でも怖いのは雨の日です。濡れた路面で、幾度となく滑って転んできました。タイルの上なんかはツルツル。歩幅を小さくしたペンギン歩きで、注意して移動しています。

「自立」に込めた2つの意味

9年前の事故直後、横浜の病院のベッドで強く思ったのは「自立したい」ということでした。

僕にとって「自立」には2つの意味があります。1つは、自力で働いてお金を稼ぎ、家事をして生活すること。もう1つは、自分1人の足で立って行動すること。義足で歩けるようになることは、最優先課題の1つでした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル