top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

関東大会でノーノー達成!下町の中学軟式屈指左腕・八津 快洋「『あの舞台』で勝てる投手に」

高校野球ドットコム

 東京の下町・葛飾区に、高校野球の舞台で活躍が期待される好左腕がいる。葛飾区立水元中軟式野球部の八津 快洋(やつ よしひろ)投手だ。身長182センチの長身左腕で、この夏は創部以来初となる全国中学校 軟式野球大会出場へ牽引。関東大会初戦の常盤平中戦ではノーヒットノーランを達成した。今年の中学軟式野球界屈指の左腕は、どんな野球人生を歩んできたのだろうか。

「恩師」の前でノーヒットノーラン達成

八津 快洋(水元中)

 三つ上の兄(八津 雅治さん、春日部共栄)の影響で幼稚園のころから野球を始め、小学校の時は地元・葛飾区の金町ジャイアンツに所属した。4番で内野手と投手を務める安藤佑太とは、小学生の頃から同じチームで、ともに都大会優勝、全国大会出場を経験した。

 投手を始めたのは小学2年生のころ。八津のキャッチーボールを見たコーチに勧められて挑戦することを決意した。「バッターを抑えるのが楽しかった。思いっきり投げて三振をとった時が気持ちよかったです」と当時を笑顔で振り返る。八津の投手人生は、このようにしてスタートした。

 中学も兄が所属していた水元中軟式野球部への入部を決意した。「すごくいい練習をするチームという話を聞いていたので、自分もその環境で野球がしたいと思いました」。他の硬式クラブなどとも迷いはなかったそうだ。

 水元中では一つ上の代が部員3人しかいなかったため、中学2年生の頃からチームの主軸として試合に出場していた。そして中学3年の夏には都大会で準優勝を果たし、関東大会の初戦、常盤平中戦ではノーヒットノーランを達成した。

広告の後にも続きます

 八津は「(相手の)常盤平中のコーチが今まで自分たちが教わっていたコーチで、自分は特にピッチングを教わっていた。その方に結果を見せることができたので、それが一番よかったです」と振り返った。捕手を務めた長谷 和樹も「圧巻でした。真っ直ぐでしっかり押すことができたので、逆方向へのファウルが多かったです」と語る。特別な試合で最高のパフォーマンスを発揮し、勢いに乗った。

『あの舞台』で勝てる投手に

八津 快洋(水元中)

 そして準々決勝では南犬飼中を破り全中出場を決める。決勝戦ではこれまで2度敗れてきた上一色中との雪辱戦だった。「全員が『リベンジだ』という気持ちで、絶対勝つという気持ちでやっていました」。試合は勝利し見事リベンジを果たしたものの、八津は終盤に打ち込まれ、自分の投球ができなかった。

 兼子 典行監督は「帰りの車で悔しくて泣いてました。それを活かすんだと全国までの間もずっと努力していました」とその日の八津の姿が印象的だったという。

 全中では最終回に逆転を許し、初戦で敗退した。八津は最終回、球数制限等でマウンドを降り、最後まで投げ抜くことができなかった。それでも「(ZOZOマリンスタジアムという)素晴らしい環境で試合ができてとてもよかったです。いろんな方々から声をかけていただき誇りに思います」と胸を張る。

「初戦で負けてしまったので、高校では『あの舞台』で全国大会に出るようなレベルの高いチームに勝てるピッチャーになりたい」。そんな決意で卒業までは、後輩の練習に交じって、ともに汗を流している。

 今の最速は7月の都大会で出した129キロ。それ以来、計測していないが、自身も「伸びている」と成長を確信している。自分自身の持ち味については「強い真っ直ぐを投げられるところ」と力強く語った。長谷捕手は「ピンチの場面でも余裕を持って、三振が取れるところです。関東大会でも一死二、三塁のピンチの場面に三振2つで、ピンチを切り抜けました。そういう場面での投手力というか、総合的なところが強いと思います」と八津の投手としての実力を称える。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル