top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「最強の女子アナ」グランプリ〈アナウンス部門〉五輪&紅白司会の和久田麻由子が満票MVP

アサ芸プラス

 80年代以降、女子アナのアイドル化は大きな潮流となった。とはいえ、根底に「アナウンス技術」が備わっていてこそ、その実力を正しく判断できるというものだ‥‥。

 女子アナ評論家の丸山大次郎氏は、やはりNHKの和久田麻由子アナ(33)を筆頭に推す。

「これまで『おはよう日本』『ニュースウオッチ9』『五輪キャスター』『紅白司会』と、NHKの花形番組をほぼ担当しきった。昨年から担当する『ニュースウオッチ9』は、番組のイニシアティブを取り、本当のメインキャスターに昇り詰めたという感じです。押しも押されもせぬ看板アナだと思います」

 特に今夏の東京五輪は開会式を担当し、その落ち着いた実況は高く評価された。

「さらに紅白では事実上の総合司会も射止めて、文句ナシのアワード大賞でしょう」(丸山氏)

広告の後にも続きます

 これに対して民放勢はどうか。まず、日本テレビの水卜麻美アナ(34)は、年明けの「理想の上司ランキング」で5連覇を達成するなど、人気は衰えず。丸山氏が分析する。

「女子アナ界における不動のトップですが、その存在感は相変わらず高い。21年は『ZIP!』の総合司会となり、たぶん、日テレの朝番組で女子アナが総合司会になったことはないはずで、彼女が初の栄誉。さらに『オールナイトニッポン0』(ニッポン放送)でパーソナリティを経験し、局の看板である『24時間テレビ』も司会と、八面六臂の活躍を続けています」

 ぽっちゃりアナに光を当てたという面でも讃えられる。テレビ朝日では、あざといだけじゃない弘中綾香アナ(30)がお立ち台だ。丸山氏が続ける。

「1年でフォトエッセイと写真集の連続発売って、もう局アナの歴史でいないんじゃないでしょうか。なんというか『女子アナの枠を超えた』という革新的な路線でブレイクしましたが、ブレずに活躍し続けているなと感心します」

 メインのレギュラー番組も「激レアさんを連れてきた。」「ノブナカなんなん」「あざとくて何が悪いの?」と目白押し。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル