top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

上沼恵美子「毒舌ユーチューバー」転身で業界が戦慄

アサ芸プラス

 西の女帝と呼ばれる上沼恵美子(66)が、満を持してYouTubeに電撃参戦することを表明した。

 11月22日、レギュラー出演する「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)で、

「12月3日にYouTubeの撮影を初めてやります。自宅で1発目やろうかと思って」

 と撮影スケジュールも決まり、早ければ年内の配信もありそうだ。

 上沼といえば昨年7月、司会を務めた名物番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)が、打ち切られるような形で25年間の歴史に幕を下ろした。今夏に発売された「文藝春秋」(8月号)のインタビューでは、こう心境を吐露している。

広告の後にも続きます

〈実は去年すべての番組を降板し、芸能界を引退しようと考えました。きちんとお話しするのは初めてですが、本気でした。コロナで鬱々した気分が抜けないし、人生を賭けた冠番組が突然なくなったからです〉

 引退の2文字が頭をよぎるほど追い込まれていたようで、

「大阪では隠居生活に入ると囁かれていました」

 放送作家がこう前置きして、台所事情を明かす。

「上沼のギャラは1本あたり120万円と言われ、東京から来たゲストには毎回お菓子や総菜のお土産が配られるので、経費はバカにならなかった。大名行列のように出迎えるなど、上沼に相当気を遣っていたこともあり、新番組のオファーはないというのが共通認識でした」(前出・放送作家)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル