top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

禅寺の学問—継承される五山文学 相国寺の歴史と寺宝Ⅱ

cinefil

あでやかな紅葉に秋の深まりが感じられる頃になりました。
この機会に京都の寺院を訪れ、美術鑑賞をしてみませんか。
京都・相国寺承天閣美術館では、2021年11月23日より2022年1月23日まで「禅寺の学問—継承される五山文学 相国寺の歴史と寺宝Ⅱ」の展覧会が開催されています。

相国寺承天閣美術館 風景 photo by ©cinefil

相国寺は1392年に室町幕府三代将軍、足利義満によって創建された京都五山第二位の歴史ある禅宗寺院で、名勝の鹿苑寺(金閣)や慈照寺(銀閣)も相国寺の山外塔頭に含まれています。
中世より漢詩文などに優れた多くの禅僧を輩出した五山文学の中心地で、仏典(内典)のみならず漢詩(外典)も多く有しています。

本展では、相国寺や塔頭寺院に伝来する漢籍や、美術品(絵画、工芸品)、歴史資料をご堪能いただけます。
相国寺の歴史を通観する展示「相国寺の歴史と寺宝」の第二弾となる今回は、第一弾とはすべて異なる寺宝の展示となっております。
約40点の初公開の作品を是非ともお愉しみください。

それではシネフィルでも展覧会構成に従っていくつかの作品を紹介致します。

広告の後にも続きます

展覧会風景 風景 photo by ©cinefil

第一展示室 禅寺の学問—継承される五山文学

第一章 内典(ないてん)—仏書と墨蹟
仏教の教えは祖師の墨蹟や語録に記されています。

重要文化財 「一山一寧墨蹟 金剛経序」(いっさんいちねいぼくせき こんごうきょうじょ)
一幅 紙本墨書 鎌倉時代 嘉元4年・1306 相国寺蔵

第二章 外典(げてん)—和刻本漢籍と漢画
大陸からもたらされた文物は仏教にとどまらず、儒教、道教などの教えも含み、禅寺はその文化の発信地でもありました。

展覧会風景 風景 photo by ©cinefil

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル