top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本とアジアの関係と、変容する社会を捉え、常にアイデンティティを見つめ続けてきた、映画監督リム・カーワイの軌跡! 特集上映-緊急開催!!

cinefil

最新作『COME & GOカム・アンド・ゴー』で注目を集める、リム・カーワイ監督の軌跡を追った「リム・カーワイ監督特集上映」が、2021年12月18日(土)より大阪シネ・ヌーヴォX、12月29日(水) 30日(木)にユーロライブにて緊急開催されることが決定いたしました。

大阪を拠点に、香港、中国、バルカン半島などで映画を製作し、どこにも属さず彷徨う“シネマドリフター(漂流者)”を自称する、中華系マレーシア人のリム・カーワイ監督。
2020年の東京国際映画祭で初上映され、中国、香港、台湾、韓国、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ネパール、日本の9カ国・地域の豪華キャストでも注目された最新作『COME & GOカム・アンド・ゴー』は、11月19日(金)より公開となり、連日話題となっている。

最新作『COME & GOカム・アンド・ゴー』では、台湾映画を代表するツァイ・ミンリャン監督の常連俳優リー・カンションが出演し、映画ファンに衝撃を与えた。いままでも韓国映画界からキム・コッピ、ヤン・イクチュンが出演した『マジック&ロス』、元ミス・マレーシアで、2013年に香港で歌手デビューも飾ったスーパーモデルのシェリーン・ウォンや、2020年東京パラリンピックの閉会式にて総合演出を担当した小橋賢児が出演した『Fly Me To Minami 恋するミナミ』など、自らが交渉するスタイルで、斬新で多彩なキャスティングを実現させてきた。“シネマドリフター”であるリム監督は、アジアだけに留まらず、『どこでもない、ここしかない』ではバルカン半島で撮影を決行している。
常に未知の場所をひとりで訪ね、その場所の人々と出会い、その土地の、その瞬間を切り取っていく前代未聞の映画制作は、リム・カーワイ監督作品の大きな魅力として、世界の映画人、そして観客を魅了している。

またリム監督は映画監督だけではなく、日本と世界の映画界を繋ぐ架け橋としても注目される存在だ。
本年の山形国際ドキュメンタリー映画祭にてロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)を受賞した映画『理大囲城』など、変容する香港を捉えた衝撃作をラインナップした『香港インディペンデント映画祭』(21年6月より大阪、京都、名古屋にて開催)を主催し、11月27日より全国5都市で開催中の『香港映画祭2021』のキュレーターを務めている。 “シネマドリフター”として世界を彷徨う中で、各国の映画人と交流して構築した独自のネットワークを駆使し、自分で作品の選定、交渉までこなすその手腕は、日本映画界に新しい風を送りこんでいる。

リム・カーワイ監督

広告の後にも続きます

今回の特集では、“無国籍3部作”の第1作で初長編作となる『アフター・オール・ディーズ・イヤーズ』(2010)、杉野希妃、キム・コッピ、ヤン・イクチュンが香港のリゾート地で紡ぐ幻想譚“無国籍3部作”の2作目『マジック&ロス』(2010)、クリスマスの大阪・新世界を舞台に、異邦人の目を通して日本の今を笑いを交えて描いた“無国籍3部作”の3作目『新世界の夜明け』(2011)、大阪・ミナミで交差する国籍、言葉を超えた、二つの異なるラブストーリー『Fly Me To Minami 恋するミナミ』(2013)、バルカン半島を舞台に、妻に逃げられた男を主軸に、東ヨーロッパで現地の人びとと即興で作り上げた異色ドラマ『どこでもない、ここしかない』(2018)、アジア人の女性バックパッカーの目を通して、バルカン半島の、歴史と変化に翻弄された人々の生活を活写したロードムービー『いつか、どこかで』(2019)の計6作品を上映する。
是非この機会に、世界の映画人と渡り合い、独自の製作スタイルで世界を魅了し、日本映画界において異彩を放つ、リム・カーワイ監督の軌跡をスクリーンにてお楽しみください!

本特集上映開催に際し、リム・カーワイ監督、小田香さん(映画作家)からコメントが到着!

上映作品には、黒沢清さん(映画監督)、濱口竜介さん(映画監督)、オダギリジョーさん(俳優)等から絶賛コメントも!!

■リム・カーワイ監督特集上映に寄せるコメント

■リム・カーワイ/映画監督
2019年6月4日にデビュー作『アフター・オール・ディーズ・イヤーズ』が北京でクランクアップしてから、あっという間にもう12年以上経ちました。先日、9作目となるロードムービー『あなたの微笑み』を、日本各地で撮り終えたばかりです。この10年間、ずっと大阪をベースにして世界各地で映画を作り、毎年年末には過去の作品をまとめてシネ・ヌーヴォが特集上映してくれるのが恒例になっていました。今回、最新作『COME & GO カム・アンド・ゴー』の 劇場公開に合わせて、初めて東京でも開催できて嬉しく思います。『COME & GOカム・アンド・ゴー』をきっかけにして、私の過去作品にも興味を持ってくれたら幸いです。

『Fly Me To Minami 恋するミナミ』/2013年

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル