top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

5分でわかる税理士の仕事!試験内容や難易度、資格の活かし方などを解説!

ホンシェルジュ

適正な納税業務を促進し、国家財政を支えるスペシャリスト「税理士」。書類の作成や会計帳簿のチェック、経営アドバイスなどをとおして、経済を支えています。この記事では、仕事内容や会計士との違い、就職先、試験の内容や難易度などをわかりやすく解説。おすすめのテキストや問題集も紹介していきます。

税理士とは。仕事内容や会計士との違いを解説!

 

税務のスペシャリストである税理士。国へ納める税金に直接関わる重要な存在で、私たちの日常の暮らしから国の経済発展に関することまで、さまざまな場所で活躍しています。

国税庁のHPには、次のように説明されています。

税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼に応え、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命としています。

納税義務の適正な実現、納税者に対する税知識の普及、国家財政の確保に大きな役割を果たしています。(国税庁HP「税理士制度」より引用)

広告の後にも続きます

しばしば会計士と混同されることもありますが、両者の業務には違いがあります。

ます税理士の独占業務は「税務」です。国家の財政を確保するための納税制度を支えています。中小企業の税務書類作成をはじめ、会計業務の代行や節税対策、経営アドバイスなどが職域です。

一方で会計士の独占業務は「監査」です。国家全体の経営活動を支え、上場企業の財務諸表監査や、財務書類の正当性の証明などをおこなうことが職域です。公正な監査は利害関係者による投資や融資の判断材料となります。

また税理士試験には受験資格が必要で、5科目に合格することが必要。科目合格制度があり1科目ずつ受験が可能で、社会人受験者が多いようです。

一方の会計士試験には、受験資格はありません。科目合格制度もなく、短答式と論文式の2段階試験。どちらも1回の受験で全科目合格しなければなりません。受験専念生が多いといわれています。

税理士の就職先は?年収とともに解説

 

  • 1
  • 2

TOPICS