top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

荻原博子さん指摘「補助金は焼け石に水…今こそガソリン税減税を」

女性自身

荻原博子さん指摘「補助金は焼け石に水…今こそガソリン税減税を」

ガソリンの全国平均価格が1リットル168.7円と、高値が続いている(’21年11月22日・資源エネルギー庁)。1年前の133円台から3割近い値上がりに、特に車が“生活の足”である地方では、家計に大きな痛手となっている。

 

こうした事態に政府は1リットル170円を超えたら石油元売り会社などに1リットルあたり最大5円の補助金を出し、値下げを要請するようだ。ガソリンのほか重油、軽油、灯油も同様に、12月中〜’22年3月まで期間限定で行うという。この補助金について、経済ジャーナリストの荻原博子が解説してくれたーー。

 

■ガソリンにかかる税金のほうが問題

広告の後にも続きます

 

私は、この補助金で効果が出るとは思えません。補助金を受け取った元売り会社が本当に値引きするのか。安く仕入れたガソリンスタンドが店頭価格を下げるのか、わからないからです。

 

それに、ガソリン価格は店ごとに違います。たとえば東京都では1リットル153円から209円まで50円以上もの価格差があります(’21年11月25日・ガソリン価格の比較サイト)。補助金による5円値下げなど店頭価格を見てもわからない。私たちには検証しようがないのです。

 

しかも、補助金が適正に反映されてもわずか5円。1リットル165円でも高値に変わりはありません。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル