top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「フランス」をテーマにセレクトした3冊【熊谷和海】

ホンシェルジュ

BURNOUT SYNDROMES熊谷です。皆さん海外旅行って行きますか? 僕は中学生のときアメリカでホームステイした以来でしたが、なんと最近フランスへ行って参りました。海外気分をお裾分けしたく、そのときのエピソードも交え「フランス」をテーマにセレクトした3冊ご紹介。Bon Voyage(よき旅を)!

昨年末、フランスに行って参りました。日本のアニメ好きの集まるフェスに、ライブ・アーティストとしてお呼ばれしたためです。

一言で表すなら“ザ・ヨーロッパ”。美しき国でした。凱旋門、エッフェル塔などのランドマークは言わずもがな、単なる図書館や駅前広場ですら一見神殿のような佇まい。こっちの方がよっぽどアニメっぽいと感動し、大変楽しめました。

今回はせっかくなので、美しき「フランス」に行った気分になれる3冊をご紹介。

夜間飛行

著者サン=テグジュペリ 出版日1956-02-22
部下のものを愛したまえ。ただ彼らにそれと知らさずに愛したまえ。

飛行士ファビアンの操縦する郵便機がブエノスアイレスへの帰還途中、暴風雨に遭遇した。現在位置さえ掴めない劣悪な電波状況。ファビアンにとって「燃料は残り30分しか持たない」という絶望的な電報を送信するのが精一杯だった。

一方、着陸場でファビアン機を待つ厳格な支配人、リヴィエールは自問自答する。夜間飛行の事業に、飛行士の命を犠牲にする程の価値があるのかと。そうこうしている間にも燃料の限界時間が迫る……。

広告の後にも続きます

飛行機が安全ではなかった黎明期における、夜間飛行という大冒険と、それに携わる人々の真の勇気を描いた小説。

作者は「星の王子さま」のサン=テグジュペリ。フランス軍や民間航空機の飛行士としての経歴を活かした彼の作品は、そのリアリティから歴史的資料としての価値も高いとされています。しかしこの『夜間飛行』は我々にとって、想像力を必要とする作品です。なぜならLED照明が当たり前になった現代の「闇」と、1930年における「闇」はまったく別物だと推測されるからです。

自分の掌がどこにあるかも不確かな闇の中、淡く光る計器板を頼りに何千キロを翔破する。

当作で描かれるその恐怖を想像できたとき、闇と戦う飛行士や、酷な使命を彼らに課さねばならぬ支配人の葛藤に胸を打たれることでしょう。

テグジュペリが体験した噓偽り無い歴史、人間と空との戦いがここにあります。

からくりサーカス

著者藤田 和日郎 出版日2017-05-12
何の糸にも縛られずに自分で立って
ちゃんと生きてちゃんと死ぬのが、僕たちの役目だ!

遺産相続絡みで命を狙われる少年・勝と、他人を笑わせないと死んでしまう病にかかった男・鳴海。からくり人形を操り、勝を助けるためにフランスからやってきた女・しろがね。三人が交錯する時運命の歯車は回り、戦いと愛の物語が幕を開ける。

  • 1
  • 2

TOPICS