top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

50代こそ「好き」を仕事に。「年34日の洋品店」店主が教える英国流セミリタイア

BOOKウォッチ

年34日だけの洋品店(集英社)<amazonで購入>

 吉祥寺よろず屋 The Village Storeには、洋服から雑貨、本、食品まで、イギリスの小さな町で仕入れた商品が所狭しと並んでいる。店主の井形慶子さんは、56歳の時、この店を始めた。

好きなものを集めて、好きな場所で、好きな時に店を開く。夢ではあっても、50代から始めるのは相当に勇気がいる。だいたい、そんな道楽のような商売では食べていけない。副業で片手間にできることでもなし、夢は夢として現実の世界で生き抜く方法を考えねば――と、普通の人なら考えるだろう。

しかし、井形さんは違った。

『年34日だけの洋品店』(集英社)

28歳の時に出版社を立ち上げ、英国情報雑誌を刊行した井形さん。100回以上も渡英を繰り返し、英国好きが高じてロンドンにも住まいを持つように。そして、56歳で東京・吉祥寺に、イギリスの小さな町にあるような雑貨屋さんを始めた。

その奮闘記をまとめたのが、『年34日だけの洋品店』(集英社)だ。

それが好きなことか、やりたいことか

広告の後にも続きます

井形さんは、子どものころから自分のお店を持つことに憧れを抱いていたという。しかし、社会に出て荒波にもまれるうちに、気が付けば50代も半ば。世間的には何かを始めるのに適した年齢ではないことは承知しているけれど、まだまだ気力も活力も備えている今を逃すなんてもったいなさすぎる。ならば新しいことを始めてしまえばいいではないかと、一念発起した。

曰く、50代で何かを始める前提は、「それが好きなことか、やりたいことか」の2つだけ。

雑誌編集長とかけもちのため、店の営業日は年にたった34日。それでも、食品から衣類、本まで、イギリスの魅力に溢れたアイテムが美しく並んでいる店には、毎回たくさんのファンが訪れる。

お店の前の井形さん

井形さんが大切にしているのは「物を売るだけでなく、イギリスの生活文化や風土までお客さんに届けたい」という想いだ。取り扱っているアイテムのほとんどが、イギリスの小さな工房や個人の手仕事によるもので、ほかでは買えない商品が並ぶ。

限られたお金と時間で人気の街に店をつくった「ときどき店主」の井形さん。本書には、長く、自由に働くヒントや、イギリスで学んだ無理のないセミリタイアで、お店を開店するまでを紹介している。


これから先の人生、何か始めたい、働き方を変えたい人という人に、勇気をくれる一冊。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル