top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

豊川悦司・中村倫也が口をそろえて「ずっとバディでいたい」と告白 日本の刑事ドラマ史に名を刻む? 最強“迷”バディに注目

ガジェット通信

Prime Video は、Amazon Original 連続ドラマ『No Activity/本日も異状なし』を、2021年12月17日(金)より、プライム会員向けに独占配信します。

オーストラリアで大ヒットしたコメディドラマ『No Activity』を豪華なキャスト/スタッフ陣を迎え日本版としてリメイクした新感覚のコメディ・刑事ドラマ。出世を諦めた万年ヒラ刑事の時田信吾(ときた しんご)と、人たらしな新米刑事・椎名遊(しいな あそぶ)のバディが、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす、ありえないような騒動を描く。本作の見どころは何といっても捜査中にもかかわらずふざけまくる時田と椎名のやりたい放題ぶり!

本作は、麻薬取引の張り込み捜査現場を舞台に、一癖も二癖もある登場人物たちがそれぞれの持ち場で“迷”活躍をみせる、シュールで笑える型破りなドタバタ刑事ドラマ。中村が演じる椎名は、人の懐に入り込むのが上手い、器用な新米刑事。そんな椎名は初めこそ万年ヒラ刑事の時田と距離を置くが、時田の人間味あふれる魅力に取りつかれ、じわじわとその沼にハマっていきます。

二人は捜査中にもかかわらず平然と仕事をサボり、下ネタ満載のくだらないお喋りを延々と繰り広げながら、捜査現場をカオスに落とし込んでいきます。そんな“迷”バディについて、中村は「まだまだ知らない時田さんが眠っていると思っているので、椎名としてはそれをもっと突いていかなければと思っています。ずっと一緒にバディでいたかったですね」と語り、6 話だけでは描ききれないほどの魅力を持つバディであることを明かしています。

更に中村は、「椎名は時田とずっとバディを組んでゆくけれど、自分の手柄は上げていくと思います。椎名は出世の階段こそ降りないけれども、時田が階段を降りていく様を横で見ている。なんなら手すりも付けてあげたいですね」と続け、時田と椎名らしい2人の未来を予想しています。

広告の後にも続きます

中村から“ずっとバディでいたい”とまで言われた、ポンコツな先輩役を演じた豊川は、実際にバディを組むなら時田か椎名どっちと組みたいかと問われると、「僕としては、いろんなところで支えて励ましてくれるし、どんな話も聞いてくれる椎名とバディを組みたいです。時田も、できることなら一日でも長く椎名とバディを組んでいたいと思っているんじゃないかな?」と、なんと中村と同じ思いであることを語り、作中の時田と椎名のような、ウマの合う瞬間を垣間見せています。

おっちょこちょいだがどこか憎めない、チャーミングでポンコツな先輩刑事と、クールで人たらしな新米刑事の活躍に、ますます期待は高まるばかり。

ありえないバディ、すれ違う無線連絡、カオスな麻薬取引現場で生まれるマシンガンの如く飛び交うユーモア溢れる会話の応酬。次々と巻き起こる想定外な出来事と、重なり合う偶然が奇跡の“笑い”を生み出す!日本を代表する俳優陣と、今を賑わすスタッフが手を組んで誕生した、これまで見たことの無いような型破りな刑事コメディドラマ『No Activity/本日も異状なし』は2021年12月17日(金)よりPrime Video にて独占配信開始。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル