top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山梨の土が育む、76歳の世界的ダンサー田中泯!40歳の時、“畑仕事によって自らの身体を作り、その身体で踊る”ことを決めた。『名付けようのない踊り』

cinefil

『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』『のぼうの城』などで知られる犬童一心監督が、世界的なダンサーとして活躍する田中泯の踊りと生き様を追った、2022年1月28日(金)公開の映画『名付けようのない踊り』が、全国に先駆けて1月21(金)より、山梨にて1週間先行上映することが決定致しました。また、1月22日(土)には、田中泯、犬童一心監督の舞台挨拶登壇も決定。

© 2021「名付けようのない踊り」製作委員会

© 2021「名付けようのない踊り」製作委員会

世界的ダンサー:田中泯×監督:犬童一心×アニメーション:山村浩二

1978年にパリデビューを果たし、世界中のアーティストと数々のコラボレーションを実現、そのダンスの公演歴は現在までに3000回を超える田中泯。映画『たそがれ清兵衛』(02)から始まった映像作品への出演も、ハリウッドからアジアまで広がっている。そんな独自の存在であり続ける田中泯のダンスを、『メゾン・ド・ヒミコ』(05)への出演オファーをきっかけに親交を重ねてきた犬童一心監督が、ポルトガル、パリ、東京、福島、広島、愛媛などを巡りながら撮影した。また、『頭山』でアカデミー賞短編アニメーション部門に日本人で初めてノミネートされた山村浩二によるアニメーションによって田中泯のこども時代が情感豊かに点描され、ぶれない生き方が紐解かれてく―。同じ踊りはなく、どのジャンルにも属さない田中泯のダンスを、息がかかるほど間近に感じながら、見るものの五感を研ぎ澄ます――そんな新たな映像体験を味わって欲しい。

© 2021「名付けようのない踊り」製作委員会

広告の後にも続きます

© 2021「名付けようのない踊り」製作委員会

© 2021「名付けようのない踊り」製作委員会

40歳の時、“畑仕事によって自らの身体を作り、その身体で踊る”ことを決めた。
世界的ダンサー田中泯が選んだ土地、山梨にて1月21日より先行上映が決定。

この度、田中泯ゆかりの土地・山梨にて、全国に先駆けて1月21日(金)からの先行上映が決定。1月22日(土)には田中泯、犬童一心監督の舞台挨拶も行われる。田中泯は40歳の時に“畑仕事によって自らの身体を作り、その身体で踊る”ことを決め、山梨で生活。田中は、「農作業をすることで身体もしっかり使えて、尚かつ踊りの練習をしやすいと思ったんですね。さらに今度は、農業そのものの面白さにも惹かれていった。」と話す。
田中泯は山梨県の白州に移動農業を礎とした生活を開始した後、88年には山村の土地を生かし、当時日本国内ではまだ珍しかった野外芸術フェスティバル「白州アートフェスティバル」(1988年〜1992年)「アートキャンプ」(1993年〜1999年)「ダンス白州」(2001年〜2009年)などを主催。現在も踊りや撮影で山梨と各地を行き来しながら、山梨で日々畑仕事を行い、2015年8月からは山梨日日新聞でエッセー「えんぴつが歩く」を執筆・連載するなど、繋がりが深い。

なぜ今、彼に惹かれるのか。
田中泯が、76年の生涯をかけ探し続ける踊りとは…
見るものの五感を研ぎ澄ます、120分の旅にでる

1978年にパリデビューを果たし、世界中のアーティストと数々のコラボレーションを実現し、そのダンス歴は現在までに3000回を超える田中泯。映画『たそがれ清兵衛』(02)から始まった映像作品への出演も、ハリウッドからアジアまで広がっている。
40歳の時、田中泯は“畑仕事によって自らの身体を作り、その身体で踊る”ことを決めた。そして74歳、ポルトガルはサンタクルスの街角で踊り、「幸せだ」と語る姿は、どんな時代にあっても好きな事を極め、心のままに生きる素晴らしさを気付かせてくれる。そんな独自の存在であり続ける田中泯のダンスを、『メゾン・ド・ヒミコ』への出演をきっかけに親交を重ねてきた犬童一心監督が、ポルトガル、パリ、山梨、福島などを巡りながら撮影。また、『頭山』でアカデミー賞短編アニメーション部門に日本人で初めてノミネートされた山村浩二によるアニメーションによって、田中泯のこども時代が情感豊かに点描され、ぶれない生き方が紐解かれていく―。
どのジャンルにも属さない田中泯の〈場踊り〉を、息がかかるほど間近に感じながら、次第に多幸感に包まれる―― そんな一本の稀有な映画を、ぜひスクリーンで体験してほしい。

© 2021「名付けようのない踊り」製作委員会

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル