top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

寝心地が良すぎて危険!?あたたかいのに蒸れない「シルクの国産敷毛布パット」

朝時間.jp

夜中暑かったのか、朝起きたら布団から足を投げ出していて足先が冷たくなっている…なんてこともあった、今までの冬。

敷毛布なんて暑すぎないかな~というのは少し心配な点だったのですが、寝てから起きるまで、布団の中を快適な環境に保ってくれている感じがします。シルクの吸湿&放湿機能のすごさを身をもって感じました。

毛布は「敷く」ほうが暖かい

毛布は「掛ける」よりも、「敷く」方が暖かいって、ご存じでしたか?寝ている間に体から放出される熱を下から受け止めてくれるんだそうです。

実はこちらの「シルクの国産敷毛布パット」も、元々は当店の大人気毛布だった「シルクの国産ブランケット(掛ける毛布)」を、敷き毛布用にアレンジしたものです。つくり手の三井毛織さんとしても、敷き毛布はオススメの使い方だそうです。

広告の後にも続きます

実際、この数日の底冷えするような寒い夜も暖かく過ごせましたし、敷毛布は、毛布の重さを身体に感じない分も快適に眠れるように思います。

唯一困っているのは、以前よりも一層布団から出たくなくなったことと、こんなに睡眠の質が変わるなら、もっと早く使えばよかった!と後悔していること。

つかい手さんからは「到着してすぐにベッドにセットし、試しに布団に入ってみたら、そのまま2時間気を失っていました。そのくらい圧倒的寝心地の良さでした。危険です。」との声もいただいております。

シルクを敷いた贅沢な布団に入るのが、今日も待ち遠しいです。

『シルクの国産敷毛布パット シングル』の魅力はスタイルストアの商品ページでさらに詳しくご紹介しております。下記よりチェックしてみてくださいね。

シルクの国産敷毛布パット シングル

詳細・購入(スタイルストア本店へ)>>

【12/3までクーポンで10%オフ】詳細・購入(楽天店へ)>>

※本記事の内容は記事制作時点のものです。最新の情報はスタイルストアサイトでご確認ください。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル