top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「日本の攻撃には怖さがない」「何もなかった」。新生なでしこの初戦、ベテラン2人が明かした危機感

web Sportiva

 新生なでしこジャパン(FIFAランク13位)は、池田太監督の初陣となるオランダ遠征で初白星とはならず、1分1敗で幕を閉じた。アイスランド(同16位/●0-2)、オランダ(同4位/0-0)との2連戦では、その戦い方と同時に他国の対応の傾向も見えてきた。


ボランチである程度成果を残した林穂之香(左)と長野風花(右)

 今回の池田ジャパンでもキャプテンを託された熊谷紗希(FCバイエルン・ミュンヘン)、アーセナルで着々とその存在感を不動のものにしつつある岩渕真奈、オリンピックでの悔しさを跳ね返そうとウェストハム・ユナイテッドで奮闘中の長谷川唯、そのほか宝田沙織(ワシントン・スピリット)、林穂之香(AIKフットボール)ら海外組が初めて合流した。   

 オランダでは9日間という短い期間ながら、10月、11月と強化合宿を重ねてきた国内組と、今後のなでしこジャパンの骨組みとなる戦い方を徹底してチームに落とし込んでいた。

 2試合を通して一貫していたのは”奪う”守備だった。前線の2人がファーストディフェンダーとなって、追い込む方向を決定づけるプレスをかける。菅澤優衣香(三菱重工浦和レッズレディース)は「FWとしても高い位置で奪いたいけど、中盤はもう少し待ってほしい部分もある。そのライン設定が難しい」と語る。

 彼女たちの最初の動きで全員のポジショニングが決まるため、責任重大だ。少しでも以前の感覚で位置を取るとすかさず池田監督から「守備手伝え!」と指示が飛ぶ。

広告の後にも続きます

 この2試合でその難しいとされるライン設定を掴みたいFW陣だったが、オランダ戦で見せた田中美南(INAC神戸レオネッサ)と菅澤の2トップはそのコツを掴みかけていたように見えた。田中に関しては、もともと献身的な守備力を兼ね備えている。そこに意識の変わった菅澤が加わり、時にはFW2人がボールホルダーを挟み込む場面もあった。ところが39分、田中が負傷退場。この2人がその感覚を掴むのを何としても見たかっただけに残念だった。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル