top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【真相究明】年賀状は年越し前に受け取れるって本当なのか郵便局に聞いてみた

ロケットニュース24

【真相究明】年賀状は年越し前に受け取れるって本当なのか郵便局に聞いてみた

2021年も残すところ1ヶ月を切った。気がつけば年末年始となる時期だが、年越し前にやらなければいけないことの1つに年賀状がある。発行枚数が年々減少傾向とはいえ、付き合いや仕事の関係上で書く人は少なくない。

さて、その年賀状において興味深い話を聞く機会があった。なんでも、元旦よりも前に受け取ることができるらしいのだ。もし話が本当なら元旦に焦って年賀状を送り返す必要もなくなるが、果たして真相は……!

・郵便局で聞いてみた

ということで、最寄りの郵便局に行って直接尋ねてみた。窓口の方いわく「そうですねぇ、特別に対応しているっていう話は聞いたことあるような……」とのことだったが、詳しく分からないそうで配達担当へバトンタッチとなった。

「特別に」ということは、何か特殊なルートを歩まなければ「年越し前に年賀状」は叶わぬ夢。そう思うと、なんだか触れちゃいけないところに触れたみたいでドキドキしてきた。そして待つこと数分、「お待たせしました」と対応してくれた配達の方の答えはというと……

配達担当「すみませんが、やっていないですね」

広告の後にも続きます

──であった。少なくとも今回聞いた店舗だと、個人でも会社でも受け付けていないらしい。しかし、受け取ったという事実はあるだけに、どんな条件を満たせば年内受け取りができるのか気になるところだ。

・日本郵便に聞いてみた

こうなってくると、残された道は1つだけ。総本山の日本郵便株式会社に問い合わせてみるしかあるまい。電話だとうまく伝えられないので、お問い合わせフォームに一連の流れを送ってみた。それから首を長くして待つこと1週間経つも返信はなし。

まぁ「ご相談の内容によっては、回答に時間を要したり、回答できない場合がございますのでご了承ください」とは書いてあったから、まさに回答できない質問だったということなのだろう……と思っていたところで返信キタッ!

えっ〜と、なになに……

日本郵便「年賀郵便物は、12月15~28日までの間に引き受け、翌年1月1日の最先便からこれを配達することとしております。

ただし、年始休業となる大口配達先から、その配達を受持つ郵便局に対して年内配達のご要望をいただき、対応可能な場合に限り、年内に年賀郵便物をお渡ししていることがあります」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル