top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ミシュランガイド東京2022』中華料理店 星付き&ビブグルマン掲載店リスト

80C[ハオチー]

中国料理店の掲載は25軒!

2008年からスタートし、2022年で15周年を迎える『ミシュランガイド東京』。

今年は全432軒のうち、最高ランクの三つ星は12軒、二つ星は41軒、一つ星は150軒、ビブグルマンは229軒ののセレクション。現在、YouTubeによる配信とともに、オフィシャルサイトでも掲載レストランが紹介されています。

中国料理店の掲載は、2016年版19軒、2017年版21軒、2018~2020年版26軒、2021年版27軒と数を増やしていましたが、今年2022年版は25軒となりました。さっそく掲載店をご紹介していきましょう。

※()内は所在区/最寄り駅です。
※新たに加わった店はNEWマークをつけています。

[三つ星★★★]中国料理から広がる豊かなイマジネーション

茶禅華(さぜんか)(港区/広尾)

三つ星の定義は「そのために旅行する価値のある卓越した料理」を提供しているレストラン。昨年日本初にして日本唯一の中華の三つ星となった「茶禅華」が、引き続きその栄誉に輝きました。

広告の後にも続きます

さらに今年は、サステナブルガストロノミーに積極的に取り組むレストランとして「ミシュラングリーンスター」にも選出。海洋資源を保護するために未利用漁を活用したり、茶殻はコンポストで堆肥化するなど、環境保全への取り組みが評価されています。

「茶禅華」は料理はもちろんのこと、静謐かつ温かな一軒家の空間、吟味されたうつわ、料理に合わせたドリンクペアリングなど、中国料理から広がる豊かなイマジネーションが感じられるレストラン。

油と炎、水の力を活かし、食材の持ち味を引き出した料理をベストなタイミングで召し上がってほしいーー。そんな意思をも感じる厨房とサービスとのチームワークも店の強さであり、大きな魅力となっています。

[二つ星★★]昨年同様、存在せず!

二つ星の定義は「遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理」を提供しているレストラン。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル