top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「BTS」がやってきた!「BTS」景気に沸くロサンゼルス

ワウコリア


「『BTS』最高!」

27~28日(現地時間)の2日間、米国ロサンゼルスSofi Stadiumで全4回行われるコンサートの半分を終えた韓国グループ「BTS」は、ただコンサート会場だけでなく、「天使の都市」と言われるロサンゼルスのあちらこちらにも活気をもたらした。

コリアンタウン内にあるCDショップや商店も「BTS」のファンARMY(「BTS」のファンの名前)が続々とやってきて特需を味わった。ファンはコンサートを見る前に「BTS」をはじめとするK-POPのアルバム、グッズ、韓国化粧品などを購入し、韓国料理を食べ、また別の楽しみを味わった。

路上でも、店内でも、すぐに「BTS」ファンを見つけられる。多くのファンが「BTS」を象徴する色である紫色に髪を染めたり、「BTS」のフレーズやメンバーの顔が大きくプリントされた服やマスクを着用したまま、あちこちを歩き回っているからだ。

商店を運営する在米韓国人たちは、「BTS」とARMYの話を切り出すと「最高!」と口を揃えて親指を立てた。

広告の後にも続きます

コリアンタウンでK-POPのCDショップ「チョイスミュージック」を運営して15年目になるソ・グァンイル店長は「『BTS』ファンにとても助けられた。おかげで売上が50%も増加した」と笑った。韓国料理店を営む在米韓国人は「ファンがたくさん来てくれて売上が20%も上がった。食堂がもう少し広かったらもっと売上が上がったのにね」と話した。

「BTS」が来たことでコンサート会場付近の一部のホテルは、宿泊費が普段より最大4~5倍に跳ね上がり、一部の韓国系タクシー業者の空港ピックアップの事前予約は早々に締め切られた。全席完売したコンサートチケットの場合、一部のチケット販売サイトでVIP席が2000万ウォン(約190万円)台で取引されたりもした。

コンサート会場で会った韓国人ファンは「友達が1泊10万ウォン(約9500円)で予約した宿を私も予約したんだけど、私は35万ウォン(約33200円)だった。同じ宿なのに予約するのが遅かったから値段が上がっていたの。それでも幸いチケットは手に入った」と話した。

「BTS」ファンの大規模移動に、現地の人も驚いたようだ。コンサートの初日に会ったカーシェアLyft(ライドシェア/アメリカで最近人気の、必要な時間だけ借り切ることができる車付きドライバー)のマイケル氏に「BTS」について尋ねると、「Sofi Stadiumのピックアップ呼び出しが一日中入ってきた。アメリカンフットボールの試合がある日かなと思ったら『BTS』のコンサートだったんだね。8歳になる私の娘も彼らのファンでね。『BTS』はアメリカでもすごく有名で人気があるビッグなグループだよ」と笑った。

もちろん、最も盛り上がった場所はコンサートが行われるSofi Stadium付近だった。コンサートの前日から公式グッズの販売ブースにはファンが大勢集まり、買い物を待つ長い列ができた。コンサートの当日には数万人のファンが早朝から会場を訪れ、お祭り気分を楽しんだ。

一方、現地では、発達障害の少年ハリソン君がコンサート会場側から無料でチケットを提供されたという感動逸話が話題になった。会場側は「コンサートを見るために清掃アルバイトをしたが、あっという間に完売になってチケットを入手できなかった」という少年の事情に接して、座席を別途用意したという。開場以来、100万枚目のチケット販売を記念したイベントだった。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル