top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

仕事と家庭の両立を“よくばり”と表現…広島県発行の女性応援パンフが「理解不十分」と物議

女性自身

仕事と家庭の両立を“よくばり”と表現…広島県発行の女性応援パンフが「理解不十分」と物議

《【働く女性応援よくばりハンドブック無料配布中!】 働く女性、働くことを考えている女性、育児中の女性、仕事と家庭の両立を希望する女性…すべての女性を応援する小冊子です♪》

 

11月27日、Twitter上でこう呼びかけたのは広島県の公式アカウント。このハンドブックはWEB上からも閲覧でき、その目的は次のように案内されている。

 

《働いている女性,これから働くことを考えている女性,これから育児をスタートする女性,将来仕事と家庭の両立を考えている女性・・・すべての女性の皆様を応援するために,育児・介護休業法,男女雇用機会均等法,パートタイム労働法等の女性労働者に関係する法律や各種支援制度の概要を読みやすく,分かりやすくまとめた冊子です》

広告の後にも続きます

 

この冊子を発行するにあたって広島県商工会議所連合会の池田晃治氏は、《「女性の力」が十分に発揮されるためには、働きたい女性がライフステージに応じて働き方を選択できる職場環境の整備や支援体制の充実を図ることが大切》と全力支援を表明。

 

ところが女性が仕事・育児・家庭を両立させることを「よくばり」と表現していることから、Twitter上で物議を醸しているのだ。

 

《働く事はよくばりなの?》
《女にだけ仕事と家事育児の両立をさせようなんて欲張りな行政だな》
《自分で欲張りっていうならまだしも、何で自治体から働いて子育てして納税までして欲張り呼ばわりされなきゃならないのかね。。》

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル