top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

札幌五輪 開催経費900億円削減を強調も東京五輪の“悪夢”で白けた声

女性自身

札幌五輪 開催経費900億円削減を強調も東京五輪の“悪夢”で白けた声

11月29日、札幌市は招致を目指している2030年冬季オリンピック・パラリンピックの開催計画を修正。各メディアによると、3,100億~3,700億円としていた開催経費を2,800億~3,000億円とし、最大900億円削減することを発表したのだ。

 

経費削減を示した札幌市だが、今夏行われた東京五輪での“悪夢”から日本での冬季五輪開催そのものに反対する声が相次いでいる。

 

実際、2013年の東京五輪招致時の大会経費は7,340億円の見積りであったが、2019年12月の最終予算は1兆6,440億円に。さらに、そこから新型コロナウイルスによる開催延期で2,940億円が上乗せされた。

広告の後にも続きます

 

また各報道によると、それらの経費に東京都が負担する経費が含まれておらず、日本政府が負担する約1兆3,000億円とは別に東京都は約1兆5,000億円を負担していたという。

 

合計すると約3兆円が東京五輪でかかったことになり、当初から7倍以上も膨れあがったのだ。

 

東京五輪の開催費用の財源のほとんどは税金。単純計算だが、これらの約2兆8,000億円を日本の総人口1億2,548万人(今年8月、総務局統計局調べ)で割ると、国民1人あたりの負担額は約「2万2,000円」になる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル