top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大学準硬式界の雄・中央大が五冠達成 人間力で関東の頂点に

高校野球ドットコム

 25日に幕を下ろした明治神宮野球大会。大学四冠を目指した慶應義塾大との熾烈な戦いを制した中央学院大の初優勝で、2021年の学生野球の公式戦はすべて終了した。2022年も白熱した試合が繰り広げられることを楽しみにしたいが、明治神宮野球大会に先立ち、大学準硬式界も最後の公式戦が行われていた。

各リーグの精鋭10校による秋の関東No.1決定戦

中央大の得点シーン

 今年で43回目となる関東地区大学・社会人準硬式野球王座決定戦(以下、関東王座)。毎年、関東地区に所属する5リーグの優勝校の計5チームと、社会人から3チームの総勢8チームが参加。唯一大学と社会人が真剣勝負をする大会として、毎年11月頃に開催されてきた。

 ただ今年は新型コロナウイルスの蔓延に伴い、社会人からの出場は見合わせることとなり、各リーグの上位2チームの合計10チームで秋の関東最強を決める戦いが行われた。

 強豪10校が集まる中で、大会前より注目が集められたのが、東都大学準硬式で優勝を飾った中央大だ。

 3月に関東地区に所属する全チームを対象とした関東選手権での優勝をはじめ、2021年シーズンは四冠(春秋リーグ戦、東都大学野球新人戦、関東選手権)を達成している。言うなれば大学準硬式野球界の雄とも呼べる存在として、大学準硬式界を牽引している名門校だ。

広告の後にも続きます

 そんな中央大の五冠達成を阻もうと、中央大とともに9月の全日本大学準硬式野球選手権大会に出場した明治大や神奈川大などが出場。11月3日から大会が始まると、1度雨による順延がありながらも大会は進み、11月10日にはベスト4が出揃った。

 優勝候補・中央大は、準決勝で9月の清瀬杯に出場した国士舘大世田谷と対戦。試合は中央大4番・佐藤 龍之介(能代松陽出身)が4打点、さらに5番・伴野 匠(東海大菅生出身)が3打点と大暴れ。国士舘大世田谷を貫禄の5回コールド勝ちで、決勝進出を決めた。

離島高校出身の1年生右腕が大一番で躍動!1失点完投で五冠達成!

好投を見せた中央大1年生右腕・田中 駿佑

 大学五冠、そして大会三連覇へ最後の刺客となったのは、全日本大学準硬式野球選手権大会に出場した神奈川大。明治大、群馬大荒牧との接戦を制して決勝まで勝ち上がってきた。

 「勝つために調子が良い投手を使いました」と決勝は初先発となる1年生右腕・田中 駿佑(大崎出身)が立ち上がりを攻め立てられる。神奈川大6番・小林 優也(日本文理出身)の打球をショートがエラー。ランナーが1人生還し、追いかける立場で試合が始まった。

 ただ「(田中の)ボールは悪くなかったので、焦りはありませんでした」と森 康太朗主将(静岡出身)が話すように、王者は慌てない。直後に3番・佐藤の犠牲フライで同点。さらに6番・川満剛(糸満出身)の一打で勝ち越しに成功する。

 3回にも追加点を奪い、試合の主導権まで中央大が握ると、7回には4年生・足立裕紀(八戸学院光星出身)にもタイムリーが飛びだす。中押しで神奈川大を突き放すと、守っては「森さんに指摘してもらって、下半身主導で投げられるようになった」とマウンドの田中が尻上がりに調子を上げてスコアボードに0を並べる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル