top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“引退行脚”斎藤佑樹に囁かれる「セカンドキャリアの相棒」慶応ボーイの素顔!

アサ芸プラス

 今シーズンでユニフォームを脱いだ元日本ハムの斎藤佑樹(33)。入れ替わりで古巣の新監督に就任した新庄剛志(49)の一挙手一投足を伝える報道の陰に隠れながらも、引退後の仕事はすこぶる良好な様子。スポーツ紙記者が語る。

「10月31日にNHKが中継した早慶戦のゲスト解説を皮切りに、11月14日にスポーツ番組『S-PARK』(フジテレビ系)、翌15日に北海道文化放送の『みんテレ』に生出演するなど、テレビを中心に“引退行脚”が続いています。12月には卓球のプロであるTリーグの男子チーム『琉球アスティーダ』の『アスティーダフェスティバル2021-2022』の対談ステージに出席予定。野球の枠を超えてイベント、講演会、YouTubeのオファーが殺到しているようです」

 ちなみに、引退後の日ハムとの契約は11月末まで。有名選手は球団との契約が満了した時点で、大手芸能事務所やスポーツ選手に特化したマネジメント会社を窓口にするのが常。近年は現役時代からマネジメント会社に所属するケースも多い。しかし、斎藤はマネジメント会社に所属しない“フリー”を選択したようだ。前出のスポーツ紙記者がこっそり耳打ちするには、

「慶應大学野球部出身の個人マネージャーをセカンドキャリアの相棒に選んだようです。中学時代に所属した千葉県のシニアリーグのチームでは巨人の重信慎之介(28)と同期で、世代別の日本代表に外野手として選出。そのまま慶應義塾高校、慶應義塾大学に進学した絵に描いたような野球エリートでした」

 残念ながら、同期に阪神の山本泰寛(28)や楽天の横尾俊建(28)のいた大学時代は、選手層の厚さからレギュラー獲得は叶わなかった。

広告の後にも続きます

「ベンチからグラウンドを鼓舞する声出し担当としてチームを下支えしていて、六大学ファンの間では有名な選手でしたね。卒業後は外資系の広告代理店に数年勤務したのちに独立。六大学という縁から、斎藤から個人マネージャーに指名されたといいます」(前出・スポーツ紙記者)

 有能なパートナーとの「早慶タッグ」で斎藤のセカンドキャリアは安泰となるか。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル