top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」

cinefil

柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」が、東京国立近代美術館で2022年2月13日まで開催されています(会期中一部展示替えあり)。
柳宗悦らが蒐集した陶磁器、染織、木工、蓑、籠、ざるなどの暮らしの道具類や民画のコレクションや出版物、写真、映像などの同時代資料を含め総点数450点を超える作品と資料を展示しています。

「民藝」とは、「民衆的工芸」を略した言葉で、約100年前に柳が陶芸家の濱田庄司と河井寬次郎とともに作り出した美の概念です。柳らは、それまで見過ごされてきた日常の生活道具の中に潜む美を見出し、工芸を通して生活と社会を美的に変革しようと試みました。

展示風景:左から《鉄絵緑彩松文鉢》唐津 武雄(佐賀県) 江戸時代 18世紀、《東こぎん肩布》青森県南津軽郡 明治時代 19世紀後半、《漆絵箔置柏文秀衡椀》 桃山~江戸時代 17世紀 いずれも日本民藝館蔵
photo©️saitomoichi

展示風景:イギリスのアームチェア 日本民藝館蔵
photo©️saitomoichi

見どころが三つ挙げられています。

1. 民藝の歴史的な変化と社会の関係をたどります。

民藝運動はどのような背景のなかで生まれ、変化してきたのでしょうか。関東大震災、鉄道網の発達と観光ブーム、戦争と国家、戦後の高度経済成長―民藝運動の歩みは「近代化」と表裏一体であり、社会の大きな節目と併走するように展開してきました。なぜ今、民藝が注目されるのかをひも解きます。

2. 手を動かす柳宗悦―そのデザイン・編集手法を分析します。

広告の後にも続きます

宗教哲学者であり、文筆活動を主体として民藝運動を推しすすめた柳ですが、実はなかなかの画力の持ち主。集めた器物をスケッチし、書体(フォント)を作り、写真のトリミングや配置を決め、あるいは建物や製品の設計図を描き、大津絵などの絵画の表具をしつらえるなど、あらゆる「編集」作業に腕をふるいました。柳がさまざまなメディアを通して、自らの美的感覚をどのように示し、伝えたのか―その「手さばき」を解析します。

3. 衣食住から景観保存まで

ツイードの三つ揃いスーツ、蝶ネクタイに丸眼鏡、ワークウェアとしての作務衣―民藝の人々はみなスタイリッシュでお洒落でした。しゃぶしゃぶにカレー、地方のお土産菓子など、食文化にも民藝は関わっています。民家の特徴を取り入れた建築にウィンザーチェア、日本・朝鮮・西洋折衷のインテリアデザインは良く知られるところですが、鳥取砂丘の景観保存にも民藝が関わっていたこと、ご存じでしたか?

展示風景:左から《スリップウェア角皿》イギリス  18世紀後半~19世紀前半、河井寬次郎作の《鉛釉象嵌鉢》 1930年、《焼締黒流茶壺》信楽(滋賀県) 江戸時代 19世紀、河井寬次郎作の《鉛釉白流蓋付壺》 1930年 いずれも日本民藝館蔵
photo©️saitomoichi

展示は6章構成

展示は6章構成で概ね時代ごとに区切られており、「民藝運動」がどのように展開し広まっていったのかを概観できるものになっています。

「第1章:「民藝」前夜―あつめる、つなぐ(1910年代~1920年代初頭)」では、民藝運動が始まる以前の『白樺』同人たちの交流と活動の様子が展示されています。人とモノが集まる「場」づくりから民藝運動は始動しました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル