top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

首都直下地震の発生~避難まで体験できる「そなエリア東京」に行ってみた!(前編)

防災ニッポン

「防災についてちゃんと準備をしておかないと…」そう思ってはいても普段の生活ではどうしても後回しにしてしまいがち。特に大規模地震のことは、自分ごととして想定するのが難しいかもしれません。そんな方におすすめなのが、国の防災体験学習施設「そなエリア東京」。家族や友達と楽しみながら、防災について考えるきっかけをくれる場所です。
今回は「そなエリア東京」でどんなことができるのか、実際に行って体験してみました!

クイズに挑戦して首都直下地震を生き延びよう!

「そなエリア東京」は、ゆりかもめ「有明駅」から徒歩2分の場所にあります。東京臨海広域防災公園の一角で、社会科見学や修学旅行で訪れる方、自治体の防災訓練で利用する方も多いそうですよ。

「そなエリア東京」に入ってすぐの場所にあるのが、首都直下地震をアトラクション感覚で体験できる「東京直下72h TOUR」。

大規模な地震が発生してから国や自治体などの支援体制が十分に整うまでの目安は、72時間と言われています。その間を自力で生き延びることができるかがとても重要です。「東京直下72h TOUR」では72時間をどのように過ごせばいいのか、何を知っておくべきかを学ぶことができます。生存力をつけるために早速体験してみましょう!

ツアーでは、マグニチュード7.3、最大震度7の首都直下地震の発生から避難までを体験。タブレット端末を使って防災クイズに挑戦しつつ進んでいきます。
まずは、受付でタブレット端末を1人1台受け取ります。

広告の後にも続きます

スタッフの方の説明を聞いたら…

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル