top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大阪桐蔭黄金期の控えだった俵藤、それでも後悔なし【前編】

高校野球ドットコム

×

 しかし、明治神宮大会で創成館(長崎)に敗北。選手たちの間では、「なんで負けたんやろう?」といった声も飛び交ったが、ミーティングを重ねて自分たちの課題と向き合い、原因を洗い出した。「あの負けがあったからこそ、次の年の春夏連覇に繋がったと思っています」と公式戦唯一の負けも糧にすることができた。

 3年春には選手として初めて甲子園の土を踏み、1回戦の伊万里(佐賀)戦で守備から途中出場。夢の舞台に立った嬉しさがあったと同時に緊張感もあったと当時を振り返る。

「緊張しすぎて、あまり周りが見えていなかったです。凄い歓声なのはランナーコーチをしていてわかっていたんですけど、いざ自分が試合になると、周りの声が聞こえなくなるくらい集中してできたので、凄く緊張はしていたと思います」

 この大会では準々決勝の花巻東(岩手)戦でも途中出場。2打数1安打2打点の活躍を見せた。俵藤が出場したのはこの2試合だけだったが、チームは優勝候補に違わぬ実力を発揮してセンバツ連覇を達成。そこから夏に向けても「良い声も飛び交っていたので、凄く良い雰囲気ではできていたと思います」と春夏連覇に向けて歩みは順調に思われていた。

 そんな中で大きな壁になったのが、夏の大阪大会準決勝で対戦した履正社だ。2点リードの8回裏に逆転を許し、1点ビハインドで9回表の攻撃を迎えた。この回の先頭で代打として出場した俵藤は見事、センター前にヒットを放つ。しかし、続く打者のバント小フライで飛び出してしまい、併殺でチャンスを潰してしまった。

広告の後にも続きます

 それでも二死満塁から怒涛の粘りを見せた大阪桐蔭がそこから3点を奪って逆転勝ち。「自分のミスでチームに迷惑をかけてしまって、そこでみんながカバーしてくれました。その流れで夏は勢いづいて最後まで勝ち続けられたので、良かったと思います」とライバルを下した勢いを甲子園でも持続させ、史上初となる2度目の春夏連覇を成し遂げた。

 俵藤は春夏ともにベンチ入りを果たしたが、出番は決して多くなかった。他の高校に行っていれば、レギュラーとして活躍していた可能性も高い。だが、大阪桐蔭を選んだことに対して後悔は全くなかったそうだ。同じ遊撃手を守っていた根尾に対しても多くの刺激を受けていたと話す。

「技術はもちろん凄いですけど、上手い選手があれだけ意識高くやっているのを見て、自分もなおさらやらないといけないなとは思っていました」

 天理大に進学すると、この経験が大きく生きることに。詳細は後編で紹介する。

(記事:馬場 遼)


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル