top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

バレーの髙橋藍が明かす「たつらん」コンビ・大塚達宣との秘話。「自分が見えていないところに気づくことができた」

web Sportiva

髙橋藍インタビュー 後編 前編:海外挑戦への思い>>

 現在、日体大2年の髙橋藍は、当然バレーだけでなく学業にも力を注いでいる。主に学んでいるのは、トレーニング学や運動の力学などで、それらを練習に取り入れることもある。日本代表の活動期間中も、今年はコロナ禍の影響でオンライン授業が多かったため、それほど授業内容に遅れることはなかったようだ。


東京五輪とその後について語った日体大2年・髙橋藍 photo by Matsunaga Koki

 それよりも変化があったのは周囲の環境だ。東京五輪後、初めて大学に行った時のことを、「すごく写真を撮られました」と笑顔で振り返った。

「当然、僕が日体大に在学していることはみんなが知っていますから、すれ違う学生と目が合うとすぐにバレてしまいますね。街中でも、公共の交通機関を使っている時に声をかけられることが多くなりました。驚きもありますが、たくさんの人から期待され、応援していただけるのは嬉しいです。そんな方たちに、少しでも多くの勇気や感動を与えられたらと思います」

 髙橋のSNSも注目されるようになり、インスタグラムのフォロワーは90万人を突破。海外のファンも多く、特にタイからの応援がすごいという。

「(9月に行なわれた)アジア選手権では、タイ代表の選手に声をかけられることもありました。タイでは日本バレーの人気が高いようで、東京五輪の選手村にいたタイ人のボランティアの方に聞いた話では、頻繁にニュースでも取り上げられているそうです。春高バレーも見ているようなので、日本のファンの方よりも詳しい人もいるかもしれませんね(笑)」

 日本だけでなく、海外からも注目される選手になった高橋の気分転換の方法は、音楽と動画を見ることだという。

 音楽はシチュエーションによって聞き分けている。気持ちを落ち着けたい時には、最近では『ドライフラワー』が大ヒットした優里の曲がお気に入り。逆にテンションを上げたい時は、「曲のリズム感が、気持ちを高めるのにすごく合っている」というBLACKPINKの曲を聞くという。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル