top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「落とし物に気付かず電車を降りる大学生。身重の体で慌てて追いかけたのに、お礼も言ってくれず…」(東京都・40代女性)

Jタウンネット

人に親切にしてもらったり助けてもらったりしたら、「ありがとう」とお礼を言うのは当たり前──大人も子供も、ほとんどの人がそう認識していることだろう。

また、「困っている人を見かけたら助けてあげるのは当たり前」と考えている人も、決して少なくはないはずだ。

だからこそ、期待が裏切られたときにひどく傷ついてしまうこともあるようだ。

東京都在住の読者・Mさん(仮名、40代女性)からJタウンネット編集部に寄せられたのは、まさにそんな人たちに関するのりものトラブル体験談。

ある日、電車内で落とし物をした若者を助けようとしたMさん。

広告の後にも続きます

しかしその結果、とても悲しい思いをすることになってしまう。

「携帯、落としてますよ!」と呼びかけたけど…

今から13年ほど前、慣れない土地に嫁ぎ、初めての子を妊娠中の時でした。

妊婦健診があった日の帰りの電車内で、私の隣には大学生くらいの男の子が座っていました。やがて降りる駅に着いたらしく、その子は席を立ちました。

ふと彼の座っていた座席を見ると、そこには彼の物と思われる携帯電話が。

ホームに降りかける彼に、私は「携帯、落としてますよ!」と呼びかけましたが、当の本人はイヤホンで音楽を聞いていて全く気づいてくれません。

私が電車のドアから顔を出して叫んでも、彼はどんどんホームの階段を昇っていってしまいます。ホームにいた人たちも、そんな私をただぼんやり見ているだけでした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル