top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【第15回】つぶやきシローのつぶやき読書/つまり、気が気でないのだ。

ホンシェルジュ

小説家としてもデビューをしているつぶやきシロー。しかしどうやら、読書に対してはかなりの抵抗があるらしい。彼に「おもしろい本と出会って読書の楽しさを知ってほしい」と考えたホンシェルジュ編集部は、半強制的に何冊かの本を渡しました。さて、つぶやきシローは何を思うのか。包み隠さず感想をつぶやいてもらう連載です。

第15回は、超有名なベストセラー本を読んでもらいました。

どう生きるか考えてる間に一生って終わっちゃうんだろうね

何年か前に「家飲み」なんて言葉がしれ~っと流行って、しれ~っと使われなくなりましたけど、僕の中ではまだまだブームの真っ最中です。

お店で飲むと、店員さんの空いているお皿があったらさげます攻撃ね。その行為自体ではなく、常に監視している目が気になる。話も聞かれてるに違いないので、誰かの悪口も言えない。店員さんが、バレないと思ってこっそりツイッターとかに書き込んでたりする。隣に座っているお客さんがつぶやいちゃうこともある、こっちの方が多いか。つまり気が気でないのだ。

その点、家飲みは人の目を気にしなくていい。裸でお酒を飲んでもいいのだ。自分のタイミングでお酒を変えつまみを変えできる。なにより他人とのトラブルを回避できる。

とは言え友達と飲んだりするわけだけどね。ある時僕ん家で、友達と二人で飲んでいたの。そこに出したおつまみが、肉団子。甘酢ダレがかかった大きい肉団子6個。

広告の後にも続きます

読んでいる皆さんは、ここから頭の中に肉団子6個の絵を想像しながら読んでください。行きますよ。

普通に考えると2人なので肉団子3個ずつと誰でも思うし、大人なんだからいちいち「3個ずつな」なんてこと言わない、暗黙の了解だ。因みにおつまみはこれだけではなく、他にも枝豆や魚のホッケ、ポテサラ、ニラレバなどがテーブルを賑わせてましたが、その中では大きい肉団子がスターでした。

僕は、肉団子を箸で二つに割り、割った断面にも甘酢ダレを付け、決してケチってもったいなくて半分ずつ食べてるんじゃないよと言わんばかりに「大きいから半分ずつでもいけるな」と友達にも勧めました。

友達も半分に割って食べました。お互い二回口に運びました。今の時点で肉団子は残り4個です。その内の1つを僕はまた半分に割って片方を食べました。友達は今度は割らずにまるまる1個ダイレクトに食べました。ただいまの肉団子の数2.5個。

ちょっと時間たったかな、急に友達が「肉団子食っちゃうぞこのやろー」って言いながら、僕の半分の肉団子を食べました。残っている肉団子は2個。

今まで、自分で半分にしたやつを食べてて、相手の切った肉団子には手を付けなかったのに、何でここで僕の半分を食べたのだろう。だって友達はすでに2個食べていて、暗黙の了解3個の最後の1個を、自分で半分にして食べればいいのに。

  • 1
  • 2

TOPICS