top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ダイパリメイク』“ひでん要員”の任は解かれず!? 献身的に旅をサポートする野生のビーダルとムクホーク

インサイド

『ダイパリメイク』“ひでん要員”の任は解かれず!? 献身的に旅をサポートする野生のビーダルとムクホーク

『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』(ダイパリメイク)では、ゲーム内アイテムの「ポケッチ」で「ひでんわざ」を使えるようになりました。これにより、リメイク元の「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」(ダイパ)で“ひでん要員”として活躍したビーダルとムクホークがその役割を終えた…と思いきや、実はそうではなかったようです。

「ひでんわざ」といえば、手持ちのポケモンに覚えさせることでフィールド上に存在する木や岩などに作用する効果を持つ技。「ダイパ」ではビーダルとムクホークの2匹ですべての「ひでんわざ」を補完できることから、重宝していたトレーナーも少なくなかったはず。

なお、『ダイパリメイク』ではポケッチがその役割を担ったので、ひでん要員たちはその任を解かれると思われていました。しかし、いざ冒険を始めてみると、そこにはただひたすらに「ひでんわざ」でトレーナーに協力し続けるビーダルとムクホークの姿が…。

ひでん要員から真のパートナー(?)へ
そもそも、ポケッチの「ひでんわざ機能」は、野生のポケモンたちに協力してもらうというもの。つまり、手持ちに「ひでんわざ」を覚えたポケモンがいなくてもフィールドで「ひでんわざ」が使えるという便利な機能なのですが、各「ひでんわざ」を使う際、ほとんどの場合ビーダルとムクホークが呼び出されているのです。

大きな岩を「かいりき」で押しのけ、「ロッククライム」で崖を登ってくれるビーダル、「そらをとぶ」でいろいろな街まで連れて行ってくれたり、「きりばらい」で濃霧をはらってくれるムクホーク。彼らは捕獲されなくとも、「ひでんわざ」でトレーナーを助けるべく、どこへでも駆けつけてくれるのです。

また「なみのり」といえば、ラプラスやホエールといったみずタイプのポケモンに乗る印象が強かったですが、『ダイパリメイク』ではもちろんビーダルが。トレーナーを乗せつつ水上を泳ぐビーダルの姿は、実にシュール。さらに、「なみのり」中に「そらをとぶ」を使用すると、このビーダルは置き去りにされてしまいます…。

とはいえ、15年経ってもビーダルやムクホークとともに冒険できるのは懐かしさを感じられるポイント。便利なひでん要員としてではなく、真のパートナーになったとも言えるのではないでしょうか。

彼らの献身的なサポートに感謝しつつ、「シンオウ地方」の旅を満喫しましょう!


TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル