top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

友野一希「素直に自分をほめてあげたい」。GPシリーズで3位と確実な成長を見せた

web Sportiva


GPシリーズ・ロステレコム杯で3位になった友野一希

 11月26、27両日に行なわれたグランプリ(GP)シリーズ・ロステレコム杯(ロシア大会)の男子シングルで、友野一希(セントラルスポーツ)は3位となった。2018年の同大会3位に続くGPシリーズ2度目の表彰台だが、以前とは違う、先の見える表彰台だった。

 2018年世界選手権、ケガで欠場した羽生結弦(ANA)と、補欠一番手の無良崇人(洋菓子のヒロタ)の出場辞退で代役出場した友野は、SP11位発進ながらフリー3位の得点で5位になり、2位の宇野昌磨とともに翌年の世界選手権の日本3枠獲得に貢献して注目された。

 ただその後は表現面の向上を目指し、ジャンプが不安定になって低迷した。それでも、コツコツと積み上げてきた成果が昨年から表れ始めていた。出場辞退の宇野の代役出場だった2020年四大陸選手権で、7位ながら自己ベストの251.05点を出した。

 しかし、今季のGPシリーズ・イタリア杯は、鍵山優真(オリエンタルバイオ/星槎)が優勝してファイナル進出に大きく前進したのに対し、友野はSP6位と出遅れたうえにフリーは演技後半にミスを連発して245.11点で6位。自身、納得のいかない結果になっていた。

 そして今大会、その厚い殻を打ち破るチャンスを、自分の力で作り出した。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル