top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

とっておきの一冊で、クリスマス気分を高めよう!【荒井沙織】

ホンシェルジュ

目立った予定はないけれど、私は毎年、クリスマスの季節をとても楽しみにしている。先週観た映画のおかげで、例年よりもやや早く、すっかりスイッチが入ってしまった。家族へのプレゼントは何がいいだろう、妹と一緒にダサ可愛いセーターでも着てみようか、気付けばそんなことを考えている。そんな中、今年はまた新たな楽しみ方を見つけたのだった!

ようこそ、クリスマスシーズン!

「もうそんな季節なんだ…!」

11月に入ると、たちまち街の色が赤・白・緑に変わり始める。百貨店の入り口に早々と掲げられた「Merry Christmas ! 」の文字は、心なしかまだ少し気恥ずかしそうだ。この頃から、見慣れた街路樹はキラキラとおめかしをして、巨大なツリーがどこからともなく、ある朝突然に出現するのだ。

《クリスマスの季節がやってきた!》

なんて素敵な響きなんだろう。街のデコレーションが本格的になった頃、あるいは、晴れた朝のキーンと冷たい空気を吸い込んだ瞬間に、ふとこう思いついて高揚感を抱くのが、ちょっとした冬の楽しみでもある。

広告の後にも続きます

クリスマスは昔から好きだった。何か特別な約束がなくても、街がクリスマスに近づいていく、あの雰囲気が大好きだ。どんなに寒い日でも、暖かにきらめく装飾があるだけで、寒ささえ演出の一部のように思える。それに、一年のうちでこれほど寛容にありたいと思う季節はない。いずれにしても、穏やかに楽しい気持ちで過ごすのが相応しいシーズンだ。

ワインとチーズとお手紙を

ある年、クリスマスを前に、フィンランドのサンタさんから手紙が届いた。日本の子どもに解るよう、ちゃんと日本語で綴られていて、小学生の私は「サンタさんから正式なお手紙が届いたなんて、なんだか良い子どもとして認めてもらったみたいだ!」と思って、密かに感激していた。

我が家の習慣は、毎年イヴの夜に赤ワインとチーズを用意して、サンタさんへ宛てた手紙を添えて置いておくことだ。思えば、私が “お手伝い” としてではなく、自ら進んでこの準備を担当するようになったのは、この丁寧な手紙に感激して以降だったと思う。

著者トリシャ・ロマンス 出版日2008-10-17

習慣といえば、最近はまた、毎年少しずつクリスマスグッズを増やし始めている。去年は小さなスノードームが2つ、今年は私が出張から帰宅すると、ヨガのポーズをとったサンタクロースの置物が仲間入りしていた。ひとつ増えるだけで、随分と気分が高まるから不思議なものだ。

”絵本熱” 、再燃。

  • 1
  • 2