top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2年後のドラフトは争奪戦必至。4人のスーパー1年生が神宮大会で魅せた!

web Sportiva

 大阪桐蔭の初優勝で幕を下ろした第52回明治神宮大会・高校の部。今大会は大会を通じて2本の本塁打を放った佐々木麟太郎(花巻東)や、優勝投手になった前田悠伍(大阪桐蔭)ら大物1年生のパフォーマンスが目立った。あらためて”スーパー1年生”の活躍ぶりを振り返ってみたい。


神宮大会で2本塁打を含む打率.600と驚異的な数字を残した花巻東・佐々木麟太郎

 佐々木のプレーぶりは衝撃を超え、もはや事件だった。登録上のサイズは身長183センチ、体重117キロ。前代未聞のスケールを誇る怪童が初の全国舞台で残した成績は、3試合で打率.600、2本塁打、9打点という恐るべき数字だった。

 初戦の第1打席、スタンドに集まった観衆、スカウト、メディアのあらゆる人間が「お手並み拝見」とばかりに見守るなか、いきなりライトスタンドに放り込む先制ホームラン。さらに広陵との準決勝では、最大7点差あったビハインドを追いつく同点3ランホームラン。球場中の視線を集めながら結果を残してしまうところに、早くも佐々木のスター性が表れていた。

 しかも、東北大会期間中に左脛の疲労骨折を負い、体調は万全ではなかった。佐々木が打席に入ると、花巻東ベンチで見守る監督であり父でもある佐々木洋から「センターに!」「力抜いて!」と何度も声が飛んだ。「気持ちが入りすぎると、力が入ってしまうので」と佐々木の特性を考慮した上でのアドバイスだった。

 すでに高校通算49本塁打と、信じられないペースで本塁打を積み上げている。だが、佐々木は大会中、何度も本塁打への意識を否定して「チームのために貢献したい」というフレーズを繰り返した。この謙虚さ、如才なさは父や偉大な先輩である菊池雄星(マリナーズFA)、大谷翔平(エンゼルス)からの影響を感じずにはいられない。

広告の後にも続きます

 以前から「バリー・ボンズ(元ジャイアンツほか)のタイミングの取り方を参考にしています」と公言している佐々木だが、今大会では意外な人物から打撃のアドバイスを受けたことを明かしている。

「中学3年の時にたまたま抽選が当たりまして、高橋由伸さん(元巨人)からリモートで指導をいただく機会があったんです。スイング軌道やタイミングの取り方についてアドバイスをいただきました。バットの出し方について、しっかり上からさばくように出すようにと言われていました」

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル