top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

迫られる決断。C・ロナウドかラングニックか…。マンチェスター・ユナイテッドは改善されつつあるが…【分析コラム】

フットボールチャンネル

迫られる決断。C・ロナウドかラングニックか…。マンチェスター・ユナイテッドは改善されつつあるが…【分析コラム】

勝利も見えたが…

 プレミアリーグ第13節、チェルシー対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間28日に行われ、1-1の引き分け。この試合ではC・ロナウドがベンチスタート。戦術変更で守備は改善されつつあるが…。(文:阿部勝教)

—————————–

 オーレ・グンナー・スールシャール監督解任後、マイケル・キャリックが暫定監督を務めるマンチェスター・ユナイテッドは、現地時間11月28日に敵地でチェルシーと対戦。怪我人が多く、正式な後任監督もまだ決まっていない状況にあるマンチェスター・ユナイテッドだが、粘り強い戦いを見せ、勝ち点「1」を持ち帰っている。

 圧倒的な攻撃力で現在首位を走るチェルシーに対し、キャリック監督は堅守速攻を選択。4-3-1-2の2トップとトップ下の選手が前線から果敢にプレスをかけ、中盤3人は縦パスが入った相手選手を潰してボールを奪取。取ったらすぐに前カウンターを狙っていた。

 そのため、この試合では前線からの守備を期待できないクリスティアーノ・ロナウドはベンチスタート。2トップには走力と運動量があるジェイドン・サンチョとマーカス・ラッシュフォードを起用した。

広告の後にも続きます

 この結果、前半はチェルシーに押し込まれ、なかなか戦術がハマらない時間が続いたが、後半開始早々に先制に成功する。

 50分、チェルシーのFKを弾くと、ブルーノ・フェルナンデスが前線に大きくクリア。すると、サンチョとラッシュフォードがこのボールを猛追。ジョルジーニョがトラップしたところでサンチョがボールを奪い、追走するラッシュフォードと相手GKの2対1に。最後はサンチョが冷静に決めきった。

 しかし、マンチェスター・ユナイテッドが狙っていた攻撃が完璧にハマったのはこの1回のみ。64分にはC・ロナウドを投入するも、直後にPKを献上してしまい失点。首位相手に勝利も見えたが、その後決定機を作れずドロー決着となった。

改善されない課題とは…

 前線からの連動したハイプレスや安定した引いた守りなど、スールシャール監督の退任以降、守備面は改善されつつある。しかし、まだまだ問題が残るのはやはり攻撃面だ。

 ポール・ポグバやルーク・ショーといったチャンスメイカーを怪我で欠いていたこともあるが、この日のマンチェスター・ユナイテッドは単純なパスミスも多く、全体の攻守の切り替えも遅かった。

 戦術的な決まりがあったのかもしれないが、自陣でボールを奪っても前線に走るのは2トップとブルーノ・フェルナンデスのみ。ボールホルダーへのフォローは遅く、両サイドバッグのオーバーラップもほとんどなかった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル