top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

入店はおしゃれの証明!マハラジャブーム産んだ“ドレスコード”

女性自身

入店はおしゃれの証明!マハラジャブーム産んだ“ドレスコード”

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代に踊りに行ったディスコの話。活躍する同世代の女性と一緒に、“’80年代”を振り返ってみましょう——。

 

「趣味が多様化した現在と異なり、’80年代は限られた文化を、大勢の人が楽しみ、消費していく時代でした。同じ空間に人が大挙し、同じ音楽で踊って楽しむ——。ディスコブームはその象徴です」

 

そう話すのは世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(53)。ブームの火付け役となったのが「マハラジャ」だ。

広告の後にも続きます

 

「大阪での1号店オープンを皮切りに、各地で6店舗を展開した後、’84年に東京へ進出。麻布十番という場所は当時、地下鉄が通っておらず、六本木駅から徒歩10分超の距離にあったため、出店には反対意見もあったようです。しかし、マハラジャは男性だけでの入店ができないシステム。駅から店まで長距離なのが幸いし、男性は歩きながら女性をナンパして、同伴相手を探せたようです」

 

それまでのディスコとは異なり、ゴージャス感を演出したのも、ヒットした要因だという。

 

「ドレスコードをもうけ、エントランスで“黒服”がチェックしました。学生はマハラジャに行く日、大学に着替えを持っていったものです。そして無事にマハラジャに入店できると、おしゃれ認定されたという優越感に浸れました」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル