top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カミラ・ワリエワ、「ベストではない」演技で世界最高得点。女子フィギュアはロシア勢の台頭で「国際大会のほうが難しくない」

web Sportiva


GPシリーズ・ロシア杯を世界歴代最高得点で優勝したカミラ・ワリエワ

 2014年に冬季五輪が行なわれたソチ。グランプリ(GP)シリーズの最終戦となったロシア杯で、「ロシア旋風」が吹き荒れた。

 15歳で頭角を現わすカミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)、フリースケーティングと世界歴代最高得点をたたき出し、圧巻の優勝。24歳で元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワも余韻まで色気のある演技で、堂々の2位に入った。そして、15歳の新鋭マイア・フロミフはSPでは出遅れたものの、フリーでは4回転ジャンプを2本入れ、逆転で3位に滑り込んだ。

 3人のロシア選手が表彰台を独占し、12月のGPファイナル出場も決定。昨季の世界選手権で優勝したアンナ・シェルバコワ、2019−2020シーズンのGPファイナル優勝のアリョーナ・コストルナヤも含め、今季のGPファイナルは6人中5人がロシア勢になった(ロシア以外では唯一、坂本花織が出場予定)。

 しかも、昨季の世界選手権3位で「4回転の使い手」のアレクサンドラ・トゥルソワ、一昨季の世界ジュニア選手権でワリエワに次いで2位だった伏兵ダリア・ウサチョワは、GPシリーズのスケートアメリカはそれぞれ1、2位も、NHK杯をケガで欠場しているのだ。

「国際大会を戦うほうが難しさは少ない。ロシア国内には本当にライバルが多いし、そこでメダルを勝ち取るのは簡単ではないですから」

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル