top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

漫画『キングダム』の結末を考察!面白い理由は登場人物や、終わり方にある?

ホンシェルジュ

『キングダム』をご存じでしょうか? 紀元前の中国を舞台に、中華統一を目指す人々を描いた戦記漫画です。史実どおりにストーリーが進むことでも有名な作品で、歴史の勉強にもなる作品ですが、本作の魅力はそれだけではありません。

史実に沿った本筋の随所に織り交ぜられたフィクションが、物語をより一層面白くしているのです。また、戦いの中で葛藤を感じながらも強い意志で困難を乗り越えていくキャラクターの姿も魅力的です。

今回は、そんな漫画、『キングダム』が面白い理由を徹底解説!分析すると、本作の面白さは登場人物や2019年の映画化、そして結末にあるのではないかと分かってきました!この記事では最終回の考察もご紹介。少々長い記事ですので、目次からご自身の気になる内容をご覧くださいね。

そもそも『キングダム』とは、どんな作品か

『キングダム』は、紀元前の中国を舞台に、中華統一を目指す主人公達を描いた作品です。その流れは史実に基づいており、歴史漫画としても楽しめます。

一方で、史実にはない物語やキャラクターが織り交ぜられているのも特徴。

たとえば物語の始まりでキーパーソンとなる、主人公・信の親友、漂も漫画オリジナルキャラクターです。秦の皇帝・政と瓜二つで、そのために影武者として命を落とします。この事件が信と政を結び付け、信が戦乱の世を生き抜く覚悟を決めるきっかけともなっています。

このように、史実には描かれない部分をフィクションで補完するからこそ、本作は面白い作品になっているといえるでしょう。 
 

これ以降は、本作の人気の理由を考察していきます!

広告の後にも続きます

『キングダム』の魅力を紹介した<漫画『キングダム』の魅力を全巻ネタバレ紹介!実写映画化!!【最新53巻】>もおすすめです。あわせてご覧ください。

歴史好きも納得、ほぼ史実!うまくフィクションも織りこまれているから面白い漫画!

まず『キングダム』の見所のひとつは、ほぼ史実に基づいているというところ。教科書や書籍で勉強するのが苦手な方には楽しんで知識を得ることのできる良書といえるでしょう。
 

主人公の信は、貧民ながら大将軍になることを夢見る少年。いつかそれを叶える日が来るのを思い描きながら、同じ夢を持った幼馴染の漂とともに過ごしていました。

しかしその漂が、後の秦の始皇帝・政の影武者となり、死んでしまったことから、物語は動き出します。

中華統一を目指す政と出会った信達が身を投じていくことになる数々の戦いは、歴史好きが読んでも満足できるほど忠実に描かれています。
 

また、実際にあったのかどうかわからない戦いなどを独自の解釈で伝えているのも見所。

  • 1
  • 2

TOPICS