top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アーセナルの冨安健洋は最高。初アシストに相手キーマンを完封、それでも課題が…【分析コラム】

フットボールチャンネル

アーセナルの冨安健洋は最高。初アシストに相手キーマンを完封、それでも課題が…【分析コラム】

最下位ニューカッスルに快勝

プレミアリーグ第13節、アーセナル対ニューカッスルが現地時間27日に行われ2-0でホームチームが勝利した。アーセナルの冨安健洋は先発フル出場。66分には移籍後初となるアシストを記録し、快勝に大きく貢献している。(文:安洋一郎)

———————————–

 シュート本数は24対9、ポゼッション率は66%対34%。このスタッツから明らかなように、アーセナルはホームでニューカッスル相手にゲームを支配した。前節、リバプールに0-4の惨敗を喫したアーセナルだが、今節は未勝利のニューカッスルに2-0の快勝を収めている。

 試合は前半からアーセナルがボールを支配し、ニューカッスル陣内に押し込む展開に。対するニューカッスルは、4-4-2の右WGで先発出場していたライアン・フレイザーも守備時には最終ラインに吸収されてプレーするなど、後ろに重心を置く戦術をチョイス。堅い守備からアラン・サン=マクシマンやカラム・ウィルソンのドリブルとスピードを活かしたカウンターからゴールを狙った。

 このカウンターに立ちはだかったのが、冨安健洋らアーセナルDF陣だった。今季、プレミアリーグで最も長い距離をドリブルしているサン=マクシマンと同サイドで対峙した冨安は、出足の早いタックルでカウンターを阻止。ニューカッスルで攻撃の軸を担っているサン=マクシマンにほとんど仕事をさせなかった。

広告の後にも続きます

 56分にブカヨ・サカの今季2点目となるゴールで先制したアーセナルだが、前半は後ろに重心を置くニューカッスル相手にかなり攻めあぐねていた。特に痛恨だったのは、41分にピエール=エメリク・オーバメヤンが決定機を逃したシーン。ゴールまで1m弱の位置にいたオーバメヤンだが、自身の前にこぼれてきたボールを枠内に収めることができず、シュートはポストを直撃した。

冨安が攻撃面で存在感を発揮できた要因とは

 1-0で迎えた66分、これまで攻撃が課題とされていた冨安健洋が遂にゴールに絡む。

 CBのベン・ホワイトから右サイドのライン際でボールを受けた冨安が、ダイレクトで浮き球のパスを前線に供給。直前に負傷のサカに代わって投入されたガブリエウ・マルティネッリがこれをボレーで合わせて、アーセナルが追加点を奪うことに成功した。

 見事なダイレクトプレーの連発でゴールに絡んだ冨安。アシストの場面以外にも、今節ニューカッスル戦では試合を通じてシュート3本、キーパス3本、クロス5本と攻撃面で今季最高のパフォーマンスを披露した。(データは『SofaScore』を参照)

 冨安がこれだけ攻撃面で存在感を発揮できた要因は、対峙したサン=マクシマンの守備とアーセナルの右WGのポジショニングにあった。

 31分に冨安カットインから左足でシュートを放ったシーンと45+1分にスミス=ロウへとクロスが渡ったシーンを見れば明らかなのだが、守備意識の低いサン=マクシマンは冨安を完全にフリーにしてしまっている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル