top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

妊活、夫の本音は? 登坂淳一アナ、あらぽんらが体験談を語る

BOOKウォッチ

赤ちゃんが欲しい「メンズ妊活」まるっと1冊(主婦の友社)<amazonで購入>

49歳の時、娘を授かったフリーアナウンサーの登坂淳一さん。「白髪のパパ」と題したブログで娘との日々を綴っている。そんな登坂さんが主婦の友社の妊活・不妊治療情報誌『赤ちゃんが欲しい 』最新号で、自身の妊活体験を明かしている。

アナウンサー・登坂淳一さん(ご本人提供写真)

登坂さんは、流産や不育症を乗り越えてお子さんを授かった。自分の経験が役に立つなら…とご夫婦で不妊治療をしていたことを告白。登坂さんにとって、タイミング法は「長時間の生放送にも勝るプレッシャー」だったそう。勉強熱心な登坂さんならではの妊活スタイルは参考になる。

あらぽん「夫の心得」と精液検査を語る

今号の特集は、「メンズ妊活」がテーマだ。夫婦で妊活や不妊治療をして、念願のパパになった先輩メンズや、パパになりたい妊活中メンズが大集合。男性目線の妊活インタビューは必読だ。

ANZEN漫才のあらぽんさん夫婦は、付き合い13年で結婚。約2年の妊活、子宮筋腫の手術や4回の人工授精を経て、待望の赤ちゃんを授かった。妊活中の夫の心得や気になる精液検査について、あらぽん流のストレートな言葉で語っている。

ANZEN漫才・あらぽんさん

8年間の妊活で「へこたれない夫婦」になれた

乳がん治療、抗がん剤治療、そしてがん再発を乗り越えた末に、今年5月に念願の妊娠を発表したタレントのだいたひかるさん。闘病生活を陰で支えたのが、夫でアートディレクターの小泉貴之さんだった。小泉さんは当時を振り返り、パートナーとして、がん患者の家族として、今だから話せる素直な気持ちと8年に及ぶ不妊治療を語った。

アートディレクター・小泉貴之さん(ご本人提供写真)

広告の後にも続きます

晩婚の二人。だいたさんが38歳、小泉さんが35歳の時に結婚し、すぐに妊活を始めたものの、だいたさんが39歳の時に乳がんが発覚。闘病生活を経て、42歳で不妊治療を再開した。

「実は不妊治療についてそこまで真剣に考えていなかった」という小泉さん。夫婦の温度差があり、タイミング法にトライしていたときは、夫婦仲がギクシャクしていたという。

「男目線で言うと、『僕としてはそれなりにやってるんだけどなぁ~、足りないのかなぁ』というのが不妊治療初期の気持ち」と正直に明かし、「もっと早い段階で不妊治療について勉強し、妻の話に耳を傾けて、同じ温度感でのぞむべきだった」と振り返る。

不妊治療を始めて8年、2人で困難を乗り越え、「ちょっとやそっとのことでは”へこたれない夫婦”になれた」と語る小泉さん。3人目の家族を迎える心の準備は万全だ。

本誌ではほかにも、「男の妊活」最新キーワードや、メンズが知っておきたい妊活にかかるお金のこと、男性不妊座談会など、気になる情報が満載だ。


表紙は新婚のお笑い芸人「フォーリンラブ」のバービーさんと夫つーたんさん。巻頭インタビューでは、2人が結婚に至った経緯や、将来の子どものことなど6ページにわたり赤裸々に語っている。


※画像提供:主婦の友社


書名:  赤ちゃんが欲しい「メンズ妊活」まるっと1冊 出版社名: 主婦の友社 出版年月日: 2021年11月16日 定価: 1,210円(税込) ISBN: 9784074487301

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル