top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鞘師里保[イベントレポート]初のドキュメンタリーフィルムへの想いを告白「正直な姿をさらけ出しました」

Pop’n’Roll

鞘師里保が、11月27日(土)にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて<鞘師里保ドキュメンタリーフィルム『Middle of the Night』上映イベント>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

『Middle of the Night』は、鞘師里保が8月にリリースした1st EP『DAYBREAK』に収録されている楽曲「LAZER」 の制作に焦点を当て、打ち合わせやレコーディング風景から初ライブまでの制作過程を追ったドキュメンタリーフィルム。

制作陣による数々のエピソードやスタッフが撮影した素顔、インタビューを重ねたからこそ掘り下げられた本心、そして約5年間の沈黙を経て復帰した理由が明かされている。

ファンたちの温かい拍手に迎えられて登場した鞘師は、同作について“ドキュメンタリーを撮ることになってから、覚悟を決めて生きていました。人前で決して感情を出すタイプではない私が、こんなこと言ってもいいのかな?と考える暇もなく、赤裸々に語っています。正直な姿をさらけ出しました”とコメント。

自ら作詞や振り付けに挑んだ制作過程での苦悩や葛藤も収められた同作では、涙を流すシーンも。鞘師は“表現することと、実際に創作するのは別の作業。ダンスや歌うことが大好きだからこそ、これがベストなのか、曲に寄り添ったものになっているのか悩みました”と語った。

イベント中盤には、初上映を記念して五十嵐洸平監督と、楽曲のA&Rを担当した水江文人も登場。水江は、鞘師について“自分の中身全部を表に出す人ではない。いろんな人に違う側面を少しずつ見せている。だから映画を通して、鞘師さんが何を考えているか、ちょっとずつ違う角度から観ることができた”と言及。

同作において、鞘師の本心を知れる大きな要となっているのが本人のボイスブログ。これまで自分について語ることを避けてきた鞘師だが、ドキュメンタリーを撮影するにあたり、ボイスブログを録音することに決めたという。五十嵐監督は“かなりの数のボイスブログをもらった。全部聴いて、その中でも映画に使用したのは極一部。マネージャーさんにも聴かせておらず、全貌を知っているのは僕だけ。深夜3時のボイスブログはエモかった”と想い出を語った。それに対して鞘師は“最初はドキュメンタリーの素材として録り始めたが、自分のためにも必要な作業。自分自身と向き合うことができた”と述べ、“映画を観たマネージャーに「こんなに一緒にいるのに知らない一面があった。深夜3時まで起きてたの?」と驚かれた”というエピソードも披露。

広告の後にも続きます

イベント終盤には、2nd EP『Reflection』のリリース決定もサプライズで発表。収録曲「Winding Road」のティーザー動画も公開した。

新曲について鞘師は“自分の全力を出している時に、人に否定されると落ち込んでしまうと思います。私もそう。表面的なところで何かを言われても、自分自身の本質を理解して向き合ってる人こそ強いんだと伝えたかった。魂がこもりにこもった楽曲になっているので、楽しみにしていてほしい”と呼びかけた。

最後に改めて映画館に足を運んでくれた観客への感謝を述べ、“全国各地での上映会もあり、ようやく会いに行けることが本当に泣きそうなぐらい嬉しい。またみんなと会えるようにまだまだ頑張りたい”と意気込み、舞台挨拶は幕を閉じた。

同作は、東京での上映を皮切りに、12月には、名古屋・大阪・広島・福岡にて舞台挨拶付き上映会ツアーが決定している。

映画『Middle of the Night』全国上映会ツアー

12月11日(土)【愛知】109シネマズ名古屋/【大阪】TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズ セブンパーク天美
12月12日(日)【福岡】ユナイテッド・シネマ福岡ももち、T・ジョイ博多
12月18日(土)【広島】広島バルト11、T・ジョイ東広島

映画『Middle of the Night』

出演:鞘師里保
監督:五十嵐洸平 企画:水江文人 プロデューサー:伊東孝俊 制作:Moment Tokyo 製作:Japan Music Entertainment 配給:Giggly Box
2021年/日本/81分

関連リンク

『Middle of the Night』公式サイト

©︎2021「Middle of the Night」

TOPICS

ジャンル