top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コロナ禍で消費行動に変化が。「働く女性の2021年行動白書」

マイナビウーマン

インターネット総合ショッピングモール「Qoo10」を運営するeBay Japan合同会社は、働く女性の消費をテーマに2021年4回の調査を実施してきました。その結果をもとにコロナ禍で女性たちがどのように自分自身と向き合い、行動してきたのかがまとめられた「働く女性の2021年行動白書」がついに発表。

調査結果を、世の中の女性の関心事でもある「メンタル」「お金」「ファッション」の話題と絡め、3つの章段に分けて女性たちがどのような消費行動をしてきたのかがまとめられています。付録として、3月の新生活が始まるタイミングで一人暮らしをしている20~30代の女性を対象に調査をした内容をもとに、「新生活」における消費行動についてもチェックできます。

今回はそんな「働く女性の2021年行動白書」から、特徴的な事柄をピックアップして紹介します。

■第1章「消費とメンタル」8割以上の女性がストレスを感じていた

さまざまな制限が余儀なくされるコロナ禍。2021年上半期、コロナ禍でストレスを感じたか調査したところ、8割以上の女性がストレスを感じていることが分かりました。

広告の後にも続きます

一方、上半期の充実度を調査した結果50.6%の人が「充実していた」と回答。具体的に何が充実していたか聞いたところ、最も多くの回答が集まったのは「趣味」(30.0%)でした。次いで、「仕事」(19.8%)、「育児」(12.3%)という回答が続きました。テレワークの導入で働き方が変化したり、おうち時間が長くなったりしたことで、ワークライフバランスを見直しプライベートの趣味を充実させている人も多いようです。

■第2章「消費と家計」貯蓄が増加した女性は3割! 節約する女性も多数

2021年、およそ3人に1人の収入に変化があったことが判明。約5人に1人が収入が減ったことが分かりました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル